PIKANDA

2017.6.24-25 鳥海山 

7月から鳥海山は山開きですが、先週の末にまだ静かな御浜小屋を使った一泊山行をMokaさん、Takeさんと楽しんできました。


まだまだ残雪豊富な象潟口登山道で日本海を振り返ります。
sIMG_0422.jpg

直接小屋には上がらず、長浜道へ寄り道。ミヤマキンバイと新山を右手にダラダラと登って行きます。
sIMG_0424.jpg

御浜小屋に荷物デポ。昼食ののち、軽身となって七五三掛へ向かいます。途中の扇子森で出迎えてくれたのはイヌワシでしょうか。
sIMG_0439.jpg

鳥海のハクサンイチゲもなかなかですが、今年の長坂道は以前のような群落はみられませんでした。笹が勢力を伸ばしてきており、乾燥が進んでいるのかも。ここの群落は今後どんどんダメになっていく気がします。ちょっと残念です。
sIMG_0437.jpg

扇子森の雪渓を登り帰す登山者。
sIMG_0434.jpg

七五三掛。小屋の管理人さんに、新道を行くように言われていたのに、間違えて旧道に入って怖い思いをします。
sIMG_0444.jpg

雪が緩んでいなかったらここのトラバースは結構大変。新道は旧道分岐よりさらに30mほど上に登るだけで見つかったはず。新道の案内板が無いのでわかりにくいです。
sIMG_0445.jpg

残雪豊富な千蛇谷に降り立ちます。
sIMG_0446_201707021713543d7.jpg

新道はよく整備されています。
sIMG_0447.jpg

新山を左手に千蛇谷を詰めていきます。
sIMG_0453.jpg

途中で雪渓を離れ左手夏道から御室小屋へアプローチ。雪渓を2本わたって御室小屋へ到着。
そして御室小屋から最後の岩場にかかります。
sIMG_0466-2.jpg

振り返ります。この構図、よく見ますね。
sIMG_0469.jpg

そして新山。GWに来てからまだ2ヵ月経ってませんが、また来ました。遠くに男鹿半島の寒風山が見えます。
sIMG_0480.jpg

帰りはスノーブリッジから外輪へ。
sIMG_0488.jpg

日が西に傾いてきました。夏至を過ぎて間もないこの時期ならではの、ゆとりのある登山です。
sIMG_0492.jpg

東面もべったり残雪。唐獅子平小屋まで雪渓は繋がっています。
sIMG_0508_20170702172415f23.jpg

外輪からスノーブリッジと新山を振り返ります。
sIMG_0525.jpg

雲の沸き立つ千蛇谷。
sIMG_0527.jpg

再び新山。御室小屋の左手の雪渓をトラバースして大物忌神社へアプローチしました。
sIMG_0535.jpg

湯の台方面も残雪豊富です。
sIMG_0526.jpg

ガスのかかる外輪の道を、行者岳、伏拝岳、文殊岳と通って帰ります。
sIMG_0545_20170702172823e9f.jpg

外輪から見た北側のぶなの森。
sIMG_0547-2.jpg

扇子森まで帰ってきました。振り返ると新山にもガスが掛かっていました。
sIMG_0550.jpg

日本海へと夕陽が傾く頃、御浜の小屋へ戻ります。
sIMG_0559.jpg

象潟の水田に夕陽が映り込みます。
sIMG_0565.jpg


翌朝は4時前から起き出して朝食の準備。太陽は想像以上に北側から出て来ます。この時期は綺麗な影鳥海を日本海に見ることは出来ないかも。
sIMG_0571.jpg

小屋の外でベーコンを焼いていると、においに釣られたのか、テンが登場。顔が撮れませんでした。
sIMG_0579-2.jpg

ゆっくり象潟口を帰ります。途中大学生ふうの30人近い団体と擦れ違いました。大きな荷物を背負って小屋泊まりの模様ですが、1日ずれて良かったかな。と言うのも、小屋は工事の方が半分使っていたので、寝場所は8畳くらいの広さしかなかったもので・・・。
sIMG_0585.jpg





    17:39 | Comment : 2 | Top

2016.10.30 神室山

晩秋の日曜は、近場で、あまり標高の高くない山を目指しました。寒気がおりて来ていて、標高の高いところは雪になると思われたからでした。役内登山口から西の沢コースで山頂まで、そしてパノラマコースを使って下山するという、メジャーな周回ルート予定で、午前6時50分に出発です。
車の中で寝ていたら先行者は6時には出て行った様でしたが、不動明王の祠を過ぎた胸突き八丁の途中で追いつきました。
その後は抜かない程度のスピードで山頂まで行きます。小屋で軽く昼食をとって、すぐに下山します。パノラ<マコースはガスで、ほとんど景色が無い中を降りてきました。落ち葉が積もったところに昨日は雨も降ったであろう登山道は極めてスリップしやすくなっていて、パノラマコース終盤では太ももがパンパンになるくらい、きつく感じた下り坂でした。
でもまあ、シーズン前のトレーニングには程よい距離と標高差でした。



だれもいない静かな晩秋の山道を行きます。
sIMG_1419.jpg
sIMG_1424.jpg
sIMG_1427.jpg
sIMG_1431.jpg
三十三尋の滝。最終渡渉点です。
sIMG_1436.jpg
sIMG_1439.jpg
鳥海と同じ大物忌神を対象とする信仰の山のところどころに仏像があります。ここは不動明王。
sIMG_1441.jpg
御田の神では、雪がちらついてガスってきました。
sIMG_1444.jpg
水たまりも凍っています。
sIMG_1445.jpg
ガスの痩せ尾根を行く先行者。
sIMG_1452.jpg
sIMG_1456.jpg
主稜線にでました。左は東側で切れ落ちています。朝日連峰同様に、積雪の浸食による非対称山稜です。
sIMG_1462.jpg
sIMG_1464.jpg
低灌木に霧氷がついていました。
sIMG_1465.jpg
山頂です。登山口とは900mほどの標高差で、3時間半ほどかかりました。
sIMG_1473.jpg
山頂直下のきれいな小屋でおにぎりを食べます。反射式の石油ストーブが1階に置いてありました。
sIMG_1476.jpg
sIMG_1478.jpg
今日は名ばかりのパノラマコース。
sIMG_1493.jpg
だんだん降りていくと、雲の下になります。
sIMG_1497.jpg
一応、紅葉らしいところを一枚。
sIMG_1501.jpg
とても滑りやすい落ち葉の道。MPPって言うんですか、太ももはあっという間にパンパンです。
sIMG_1502.jpg
    01:44 | Comment : 4 | Top

2016.10.23 荷揚げ(2)

今日は午後から別の小屋に冬の燃料を上げに行ってきました。
日曜午後ともなると、もう木道にもほとんど誰もいません。一人で静かな山を楽しみながらボッカと散策をしてきました。
久し振りのハイキング、誰もいない山道を独り占めで、寒さも気にならずなんとなくにやけてしまいます。

大型ザックに薪3束分を入れて現地でダンボール組み立てて中に入れてガムテープで封をしてきました。無関係な人の無断使用は困りますが、本当に困った人には遠慮無く使ってもらえばいいので、「非常用」と書いておきます。
何と、この日はMokaさんも同じく薪3束持ってきていたとのことでしたが、全く気付きませんでした。6束もあればこの冬2-3回泊まりにきても全然困らない量です。

やることをやったら、あとは散策して帰ります。
sIMG_1296.jpg
水面にさざ波が立っています。
sIMG_1300.jpg
草紅葉というより、枯れ草です。
sIMG_1312.jpg
sIMG_1314.jpg
水が氷始めています。気温はマイナス1度でした。
sIMG_1316.jpg
葉の落ちたダケカンバと針葉樹の混合林に微妙な日の光が差し込みます。冬はもうすぐそこまで来ているようでした。
sIMG_1323.jpg
    22:20 | Comment : 0 | Top

2016.9.25-26 八幡平

1週間前の古い情報になってしまいますが、八幡平に行ってきました。
今回は「芋煮」?を兼ねて出来るだけ楽なコース取りで、なおかつ1泊出来るという条件で選定。
Mokaさんにもお声を掛けさせていただき、山頂駐車場からR荘で一泊してきました。

雲で見えたり見えなかったりの岩手山を後にアスピーテラインを登ると、紅葉にはちょっと早いのに朝から車が一杯です。
山頂を攻略してから沼のほとりの避難小屋に入ります。
近年建て替えられたばかりとのことで、中は薪ストーブもあり非常にきれい。
冬のツアールートとしてここで1泊というのも良さそうです。うーん、こちらの小屋には薪を運んでおく必要があるか・・・。

八幡平のインターを降りてから適当に手に入れた豚バラ肉とキャベツで昼は焼きそば。
夜は、お米を炊いてレトルトの山形芋煮と仙台牛タンのコンビ。翌朝はMokaさん特製のスパゲティと、豪華にできました。
紅葉は草紅葉がそこそこ進み、一部の木々も色づいてきたかな、という程度でした。



岩手山の頭だけ見えてます。
sIMG_1381.jpg
山頂無料駐車場は大分埋まっていました。
sIMG_1382.jpg
水の量が気になって、レストハウスに買い足しに行きます。まるで裏岩手でも縦走してきたかのような荷物。

10分ほど歩くと八幡沼。
sIMG_1391.jpg
穏やかな水面です。
sIMG_1393.jpg
山頂から秋田側と岩手側を見ますが、まだまだ緑です。
sIMG_1396.jpg
sIMG_1398.jpg
沼の周囲の草原は草紅葉です。
sIMG_1401.jpg
sIMG_1403.jpg
小屋の中は非常にきれい。フロアに土足で入っていいのかどうか、一瞬躊躇したくらい。
昼寝をしたり、沼の周囲を一周したりと、のんびりとした時間を過ごせました。
sIMG_1405.jpg

翌朝はすべてがガスの中です。予報より悪いみたいですね。さっさと下りましょう。
sIMG_1408.jpg
この先は1日1日、景色が変わっていくのでしょう。
sIMG_1413.jpg
sIMG_1414.jpg
    17:46 | Comment : 6 | Top

2016.9.17-18 荷揚げ

Machiさんと小屋に灯油運びです。
せっかくなので1泊してきましたが、会津からのグループと、青森からのグループとご一緒になりました。
台風の影響で全国的に天候が安定しないなか、雨に降られずに初秋の山を楽しみました。

沢の渡渉点です
sIMG_1161_2016092720021982a.jpg

中にある灯油と水だけでも15kgくらいになるでしょうか。
sIMG_1163.jpg

冬季入り口はまだ4mほど上です。
sIMG_1167.jpg
sIMG_1170.jpg

夜の間、大雨が降りましたが、朝は雲海です。
sIMG_1174.jpg
sIMG_1175.jpg
sIMG_1183.jpg

今回は荷揚げなので、ピークには行かずに来た道を降ります。帰りは何十人もの登山者とすれ違いました。
さあ、これで今シーズンも準備完了です!
sIMG_1185_20160927200258b5b.jpg
    20:08 | Comment : 2 | Top

2015.11.7-8 黄朽ち葉色の北東北

東京からEさんTさん夫妻をお招きして八甲田のSヒュッテに泊まってきました。

仙台から高速を北上していくと、八幡平のあたりから空気が変わってきます。カラマツの林は東北地方でもことさらに冷涼な岩手県北部と青森県八甲田の付近によく見られますが、他では確かにあまり見かけることがありません。見慣れている私はあまり感じませんでしたが、東京から来たお二人には少し新鮮に映ったようでした。
北原白秋の詩にも詠まれているように、落葉松林は北東北の寂しい旅路の雰囲気にとてもよく合う美しい林でした。

古日本の伝統色に詳しいTさんにそのときの落葉松の葉の色をお聞きしたところ、「黄朽葉」という色があるのだとか。漢字を当てていますが美しい日本古来の音だと思います。


山の上はもはや「こおり色」です。
image1_2015111123245690e.jpg
雲が溢れ出していました。
image2.jpg
11_20151111232454c83.jpg
    23:51 | Comment : 0 | Top

2014.10.26 奥さまとボッカ

明日から寒気が入って東北の山も冠雪の予報です。
今年は立山に初滑りに行く予定もないので、シーズンインはここ東北の山でということになるでしょう。

今日は奥さまと八甲田の山小屋に灯油を上げに行くことにしました。雪の降る前に運んでおいて、シーズン中に一度は泊まりに行く・・・以前からやらなくては、と思っていた事案です。

古いザックに10Lの灯油缶を入れて小屋を目指します。ゆっくり1時間半かかりました。天気も最高に良かったので、灯油を降ろしてから、今日は靴擦れしていない元気な奥さまと大岳アタックです。山頂に着く頃には霞んできて、岩木山もぼんやりになってしまいましたが、その後は美しい草紅葉の毛無岱を通って酸ヶ湯まで戻りました。

冬は確実に、もうそこまで来ているようでした。

sIMGP1012.jpg
sIMGP1027.jpg
sIMGP1042.jpg
グラナイトギアの古いザックに10L缶がすっぽり入りました。
sIMGP1038.jpg
秋田のmokaさんも昨日上げてきたとおっしゃっていました。雪が降ったらお会いしましょう。
sIMGP1040.jpg

sIMGP1044.jpg
sIMGP1047.jpg
sIMGP1053.jpg
sIMGP1066.jpg
sIMGP1069.jpg
sIMGP1075.jpg
sIMGP1081.jpg
sIMGP1098.jpg
sIMGP1087.jpg
sIMGP1103.jpg
sIMGP1105.jpg
sIMGP1115.jpg
sIMGP1116.jpg
    23:58 | Comment : 0 | Top

2013.10.19 寒くなってきました

苦難の5週間連続勤務が終わった金曜夜、天気の良さそうな北に向かいました。けれどさすがに仕事疲れがひどくて宮城岩手の県境で撃沈。朝10時まで延々と眠ってしまいました。

とりあえず北には向かいますが、当ての無い旅です。恐山に行こうか、それとも大沼まで行ってしまおうか・・・。色々考えながら東北道を北上していきます。

てっぺんに雪をまとった岩手山が見えてくると、滝ノ上でまったり湯治もいいかなとか思ってしまいますが、結局素通り。八幡平でも降りずそのまま青森を目指しました。立ち寄った十和田湖も奥入瀬もまだちょっと紅葉には早く、観光客も面白くなさそうに散策しています。

八甲田の外周道路はやはり混んでいました。睡蓮沼まで上がると紅葉はすでに終わり冬枯れです。大岳山頂には雪が付いていました。酸ヶ湯周辺はいい色合いです。久しぶりに百人風呂に浸かったあとは、人影もまばらなキャンプ場にテントを張らせてもらいました。まだ管理人さんがいるんですね。

夜はワインを飲んで9時前には夢の中です。気温は5度くらいまで下がったかと思いますが、まったく寒さは感じません。冬のテント泊に備えて少しは寒さ順化できたでしょうか。よ翌朝5時にはゲートを開けてチェックアウト。もう雲が出てきて天候も望めなさそうだったので、黒石の百円風呂に浸かって仙台に直帰となりました。

sIMGP7885.jpg
sIMGP7902.jpg


    21:33 | Comment : 0 | Top
    18:40 | Comment : 2 | Top

2012.11.28 出羽山地の4名山をまとめて空撮 

福岡空港を12時ころに出発。飛行機は能登半島をかすめて飯豊の上を飛んでさきほど仙台空港に着陸。

飯豊上空から北側には雪を纏った朝日、月山、鳥海山が一列に並んで見えました。


ブロッケン
sIMG_1757.jpg

飯豊連峰。手前が大日岳。稜線上に北股岳、門内岳か。 
sIMG_1795.jpg

中央が飯豊本山と左右に御西と種蒔、上のほう、だらだらと平たい朝日連峰、大きく見える月山、遙か北には鳥海山
sIMG_1797.jpg

手前から朝日、月山、鳥海。この東側には蔵王、栗駒、秋田駒が見えていました。
sIMG_1802.jpg
    14:41 | Comment : 2 | Top
管理人

PIKANDA

Author:PIKANDA

カテゴリ
時々つぶやくかも
月別アーカイブ
07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  09  08  07  06  05  04  01  12  10  08  06  05  04  03 
ご訪問ありがとうございます
全記事表示リンク
Calender
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
リンク