PIKANDA

2017.10.9 No.74 白山 レポ from Machiさん

先週末は八甲田にご一緒したMachiさん。その数日前に白山に登って来たとのことでレポをいただきました。
歴史のある霊峰はどんなところだったでしょうか。


10月9日(白山)

今回は、今年開山1300年!!日本三大霊峰の一つ白山!!最高峰御前峰!!
多数ある登山道の中で選んだのは、「平瀬道」
岐阜県から登り石川県の山頂に立つというコース
登山口直近の駐車場で目覚めるとほぼ満車状態
何だかんだ準備して7時過ぎのスタート
①

登山道を入ると直ぐ係の人が「登山届の記入お願いします」と届出書とペンを渡してくれました。
朝早くからご苦労様です<(_ _)>ササットと記入してスタート
朝日溢れる整備された木道階段を登ります・・・階段の腿上げはキツイのよね~
②

1時間位登ると紅葉の向こうに目指す御前峰が見えてきました
③

振り返るとエメラルドグリーンの白水湖が見えます
④

9時前に大倉山山頂付近をパスしたら直ぐ綺麗な大倉山避難小屋に到着です
⑤

⑥

登り始めて約2時間強2100m付近まで登るとおそらく槍と思われるシルエットや素晴らしい紅葉の谷が癒してくれます
⑦

⑧

ただカンクラ雪渓は見えなかったね~御前峰もだいぶ大きく見えてきました
⑨

⑩

2250m付近からこのルート唯一の難所(そうでもないけどね)と言われているところを越え、
⑪

30分程度登ったところは既に石川県です
⑫

色鮮やかな紅葉達に癒されながら、這松原をぬけると前方にようやく室堂が見えてきました
⑬

⑭

⑮

10時半頃白山室堂ビジターセンター到着です
⑯

身支度しながら、雲の晴れるのを待っていると15分程度で晴れて来たので、鳥居をくぐり山頂目指します
⑰

⑱

お社の裏からは立派な石畳がしばらく続き、40分かけて到着した山頂は全く景色の無い雲の中(T_T)
⑲

⑳

歓迎されていませんね~風の当たらない岩陰でコーヒーを飲んでいると、雲の切れ間から紺屋ヶ池らしき池が見えたぁ~
21_20171017224137ba0.jpg

山頂からの景色なかったけどこれで満足、寒くなって来たので全国白山神社の大元「白山奥宮」拝んで下山開始
22_201710172241375ad.jpg

下りれば晴れるという、まったく歓迎されなかった74座目でしたが、下山中、谷間に雪渓を発見し少しテンションUPになって終われました
23_20171017224137565.jpg

24_20171017224137db4.jpg

白山

(以上、文・写真ともMachiさん)


Machiさん、ありがとうございました。
白山、すごく整備された登山道と、ビジターセンターがかなり高いところまであるんですねー。
驚きましたが、景色はさすがですね。行ってみたいと思いました。
またレポよろしくお願いします。

    22:47 | Comment : 2 | Top

2017.9.30 No.73 木曽駒ヶ岳レポ from Machiさん

久し振りのMachiさんの百名山報告は中央アルプスです。
紅葉はどんな感じでしょうか・・・。


9月30日(木曽駒ケ岳)

今回は、ロープウェーで気軽に行ける百名山、木曽駒ヶ岳!!(私にとって中央アルプス最後の百名山)
でも料金結構高いよね~(楽だけど体絞るため却下だね~)
そこで多数ある別ルートを検索🔍検索🔍
結構平坦そうな宮田高原から伊勢滝経由のルートが良いかなぁ・・・でも廃道多し(-_-)
色々検討して、ロングコースだけど日帰り可能らしい桂小場ルートにすることに

まだ薄暗い5時半にスタート!!
駐車場には10台程度、紅葉時期だからロープウェーは激混みだろうね~
登山口から少し登った、ぶどうの泉で2ℓ給水・・・久々のリュックが重いね~(*_*)
登り始めて30分、緩い登りなのにスピードが出ない~(>_<)
絶賛増量中が効いてるね~岡崎からの単独の方に励まされながら登ります

約一時間半登って1900m付近の落雷現場の碑(昭和50年)、林の中なのに落ちたんだすね~
①
7時過ぎ、約2000m付近の大樽避難小屋に到着、先着の方から「この先から本格的な登りだよ」
と励まさられましたぁ(-_-;)
②

良く整備された登山道をヒイヒイ登り、約2500m付近の紅葉~癒されるけど足攣ってきたぁ(T_T)
③

行者岩分岐を過ぎ、将棊頭山だと思われる山が見え、少し登ると正面にゴールの木曽駒ヶ岳、
右手は御嶽山、左手は駒ケ根方面かぁ
④
⑤
⑥
⑦

9時半過ぎ、両足攣り気味で登り続け西駒山荘が見えてきました(ToT)
⑧

山荘前で芍薬甘草湯飲んで、ビタミン取って、石室見学したりしてゆっくりします
⑨
⑩
⑪

ゆっくり休んで10時過ぎ登り始めると、写真を撮りながら登って来られた名古屋からの単独の方が
「紅葉がちょうど良いですね~」と声を掛けて下さいました
ご一緒させて頂くことにして、写真を撮りながら登り色々お話しすると既に百名山を制覇し、
今は百高山を行っているとか・・・凄いね~
尾根に出ると正面に頂上への行程が見えます・・・まだまだあるね~
⑫

少し行くと巨大な花崗岩に彫られた遭難記念碑がありました・・・記念という言葉には違和感を覚えますが・・・
⑬

読んだことは無いですが、新田次郎さんの「聖職の碑」のモデルとなった遭難事故の碑だそうです
目の前は雄大な景色だし、紅葉は綺麗だし尾根歩きは気持ち良いね~
⑭

濃ヶ池方面に写真を撮りながら行くととの事なので、付いて行くことにして少し行くと伊勢滝への標示が
⑮

やはり不明瞭な登山道ですね~単独では行きたくないですね~
分岐から左へ、右手の2779峰斜面の紅葉を見ながら濃ヶ池方面へ
⑯

11時半頃、濃ヶ池に到着です、池の周りでは皆さん高級カメラで撮影されていました
⑰

池で少し休んで山頂踏みに行きますかぁ~名古屋からの方とはここでお別れです
尾根に戻って登りますかぁ~下りられて来た人からの情報では此処さえ登れば後はダラダラとの事です
⑱

12時過ぎ2779峰を何とか登り切り、ようやくゴールの山頂が見えました
⑲

あと標高差200m、まぁなんとか行けるかぁ
ヘロヘロで午後1時過ぎ山頂到着、73座目なんとか制覇です。
⑳

21_20171006181654737.jpg

山頂の風が寒いのでさっさと下りて風の当たらない処で昼食です
右手には宝剣岳、左上奥には富士山がチョット見えますね~
22_20171006181656a0c.jpg

天気良くて、紅葉綺麗で、風当たらないとポッカポカで素晴らしい登山日和・・・あとは体重かぁ
カナリゆっくり休んで、午後2時近く、さぁて~白砂と花崗岩の山越えて帰りますかぁ
23_20171006181658c92.jpg

帰りは意外に足が戻り快調に下り、さらに途中で名古屋の方と再会し先導して貰えたので、夕暮れ迫る登山道も寂しくなく
午後6時丁度に駐車場に無事到着しました。
登り8時間、下り約4時間、増量中の体にはキツイ登山でした(T_T)/
木曽駒ケ岳

(以上、文・写真ともMachiさん)

ありがとうございました~。
それにしても、木曽駒、ロープウェイ使わずに行かれたとは思いませんでした。
濃ヶ池の紅葉は綺麗ですね!
    18:30 | Comment : 0 | Top

2017.7.? 黒部源流周遊レポ from NTくん

NTくんから、黒部源流周遊の報告をいただきました。
最高の温泉旅だったみたいです。

折立→大東新道→高天原→黒部五郎→折立 4泊、とのことでした。写真ありがとうございます。

s_1大東新道

s_2高天原温泉

s_3岩苔乗越

s_4黒部五郎

うーん、すばらしい・・・。


    18:58 | Comment : 0 | Top

2017.5.20 立山 レポ from Machiさん

Machiさんからの立山レポです。週末土日は良い天気でしたね。


5月20日(立山)

金曜日、旨い具合に富山出張!!今週末天気もバッチリ!!立山行き決定(^^)v
夕方の立山駅駐車場は1/4程度埋まっていました・・・平日なのにね~
駅周辺をブラブラしていると5年前とは色々変わっている事に気が付きましたぁ
立山ケーブルカー乗車は時間指定されているし、手荷物料金は無くなっているし、スキーケースが必要だし、もちろん登山届は必要
無いのはスキーケース、さてどうしたものか??目についたのは宅急便の看板!!
スキー発送用のビニール袋ゲット!!これでバッチリ!!
周りの動きで朝5時に起床、6時過ぎには売場に並びましたが60番目ぐらい・・・皆さん早いですね~
乗車は7時20分、所沢から初めて来られた単独登山の方と歓談して過ごします。
8時半前に室堂到着、登山届出して状況確認・・・稜線は雪消えの他は特に問題なし
準備したら一ノ越へ向かいます
①

しかし、今日も暑いね~出だしから大汗、下界は30度超える予報
オモオモ、ダルダルで一ノ越到着、振り返ると沢山登って来ますね~
②
③

ここで龍王岳や東一ノ越へ向かう方とはお別れです。
この先は夏道登山道、スキーを担ぎます・・・が太板で来たので上手くリュックに取り付け出来ません(>_<)
④

担いだ板がフラフラするし、テンション上がらないし、暑いし、ダラダラ登っていると小矢部市からの80歳ベテランさんに軽く抜かれました(-_-;)
⑤

それでも何とか11時前には雄山、雄山神社に到着
⑥
⑦

周辺を眺め、雷鳥を眺め、ゆっくりします
⑧
⑨

ここから大観峰方向へ滑り込む人達もいるのですね~
⑩

さて、大汝山方面を覗うと、情報通り雪消えの箇所がありスキーを担がなければなりません
⑪

でも・・・担ぐのはもう御免です・・・百名山登頂断念・・・早々と白旗
切り替えて、山崎カールを観察・・・特に問題なさそう・・・下から登ってくる人あり
コーヒーのんで一息ついたら行きますかぁ~
出だしは良い感じのザラメ・・・バターも効いてるね~
ローソク岩目指し滑り込みます・・・この辺過ぎると後は安心
少し降りて振り向いてパチリ、ローソク岩まで登り返します
⑫
⑬

ボトム近くまで滑り込み一休み、今度は紅茶飲みながらマッタリです、地獄谷噴いてますね~
⑭

帰りは一ノ越側に巻きながら高度を保って室堂ターミナルへの登山道へ滑り込みます
何とかターミナルまで滑り込めましたぁ
室堂発午後1時20分のバスで下山開始、午後2時半前に立山駅到着、駐車場はほぼ満車
⑮

午前券4310円・・・う~んキロロ並みかぁ・・・まぁしょうがないかぁ
立山まだまだイケますね~\(^O^)/

(以上、文・写真ともMachiさん)

ありがとうございました。暑いくらいだったみたいですね~。
それでも残雪豊富な立山はいいですね!

    23:51 | Comment : 0 | Top

2017.4.30 鳥海山 レポ from Machiさん

Machiさんから届いたレポ第2弾は鳥海山です。
大平から文殊狙いですね。どうだったでしょうか。



4月30日(鳥海山御浜小屋周辺)

昨日、鶴岡で美味しい孟宗汁(粕汁)を堪能して湯田川共同浴場で汗を流し、
いつもの「あぽんベース」には午後3時ごろ到着。
十分休んで朝5時半起床、朝風呂にも入り準備OK
ブルーラインは午前8時オープン、7時半頃到着すると既に20台ほど並んでいましたぁ(>_<)
駐車大丈夫かなぁ
駐車スペースは既に満車状態
鳥海①

何とか端に止めて何時もの斜面を登ります
鳥海②

昨日少しは降ったのでしょうか真白ですね~
所々にフィルムもあり、今日はやっとナスイザラ目を滑れるかなぁ
新山を正面に歩き始めると横風がもの凄く、文殊付近は風が思いっ切り巻いています・・・写真じゃ無理かなぁ
鳥海③

鳥海④

時には耐風姿勢を取らないとダメなほど、体持っていかれそう~(>_<)
先行者も中々進みませんし、Igaさんにいつ文殊止めようと言い出そうか・・・
御浜小屋まで何とか辿り着くとIgaさんから「今日はここまで」と言うありがたいお言葉が
天気良いのに今日は強風でダメかぁ~早く春スキーしたいなぁ~
扇子森方向に少し登り、本日1本目は蟻ノ戸渡方向へスタート
鳥海⑤

うっすら積もった真白な雪も滑りやすく、どこまで滑って行けそうだけど登り返しを思うとね~
鳥海⑥

標高差150m滑って1回目の登り返し~風で飛んでくる雪礫が痛い~(ーー゛)
同じ斜面を2本目行きま~す
鳥海⑦

2回目の登り返しは小屋に向かって正面からの風キツ過ぎ~(T_T)
小屋から少し左へトラバースして3本目は象潟口方向へ
鳥海⑧

少し登って帰路につきます
鳥海⑨

中々山頂ビールも飲めないですね~
ナイスザラ目でマッタリ春スキー早くしたいですね~
鳥海山

(以上、文・写真ともMachiさん)


レポありがとうございました。風相当強かったみたいですねー。写真で見ると最高の山スキー日和のように見えますが、なかなか風を写真で表現するのは難しいですね。
鳥海山、GW後半でコラボとなりそうですね。よろしくお願いします~。



    20:31 | Comment : 0 | Top

2017.4.29 月山 レポ from Machiさん

MachiさんからGW前半のレポを頂きました~。
東北は天気はまあまあ、だけど風が強かったみたいですね。


4月29日(月山周辺)

GWスタートは、またしても月山!!
先週はガスガス、カリカリでしたが本日は看板もバッチリ
月山①

しかし、予報は午後から雨模様(T_T)
姥ヶ岳へ登る方も今日は沢山居ますね~月山も良く見えて良い感じ
月山②

月山③

今回の狙いは姥ヶ岳から正面に見えるこちらの斜面
月山④

では姥の東斜面をまず1本!!
月山⑤

月山⑥

バター塗った板はストップ雪も関係なし、滑る滑る、しかも今回は太板!!
安定感あるね~シーズン通して使えるね~
滑り下りたら登るだけ(~_~)力尽きるまで登りましょ(>_<)
月山⑦

ぼぼ予定の所まで登り切り、さて2本目滑りますかぁ~ボトム迄
月山⑧

姥に向かって登り返しを始めると、早くも崩れ霙が降って来ましたぁ(-_-;)
途中からは吹雪模様に、姥ヶ岳山頂はパスして何時もの斜面に移動です
月山⑨

3目滑って石跳川へ降りると雨模様~撤収です
月山⑩

川沿いは雪解けも進み賞味期限も早そう~
自然園の建物も大きくなりましたね~
月山⑪

昼前に切り上げ、鶴岡の孟宗汁目掛けてGO~

月山

(以上、文・写真ともMachiさん)


ありがとうございました。
最後の姥ヶ岳下のトラバースは珍しいですね。天候悪化で早くきりあげたかったんでしょうねー。


    20:25 | Comment : 0 | Top

2017.4.22 月山・湯殿山 レポ from Machiさん

今年の月山は残雪が多いとか。シーズンはじめの雪不足を思うと不思議な感じもしますが、そこはやはり月山なんでしょうか。
Machiさんから先週のレポをいただきました。



4月22日(姥ヶ岳+湯殿山周辺)

月山スキー場もオープンしていよいよ春スキー本番!!
①

ラクラク月山楽しめますね~
しかし、上がって見るとガスガス、カリカリ、サムサムでとても春スキーじゃありません・・・むしろ真冬
②

取り敢えず姥ヶ岳を目指しましたが、カリカリで珍しくIgaさんがスリップダウン(>_<)・・・滑落とも言う~
姥ヶ岳からの滑走はカリカリで面白くない(-_-;)
と言う事でガスが抜けている前回も滑った何時もの斜面へ移動
③

雪も程よく緩んで滑り易そう~
では一本目~
④

⑤

う~んザラメじゃないけど滑りやすいね~
滑り下りて協議、まだ10時、湯殿山へ行く事に
だけど登りは何時もキツイね~
⑥

ガス抜け待ったらあとは落ちるだけ~2本目~
⑦

私は傾斜がよく分からずスキー酔い状態、しかも細板で足取られまくり(T_T)
ヤッパリ太板は安定感あるね~オール太板で良いみたい
休憩後、登り返して3本目~
⑧

⑨

今日も良い稽古して頂きました。
今回の湯殿山斜面、是非パウダー時期に~お願いします
⑩

(以上、文・写真ともMachiさん)


ありがとうございました。結構気温低くてガリガリかなあと思っていましたが、やっぱりガリガリでしたか。
でも湯殿の東斜面はいいですね。今度晴れたら行ってみようかなと思いました。
    23:20 | Comment : 0 | Top

2017.4.16 吾妻山 レポ from Machiさん

東北はサクラ前線が北上中です。
先週末のMachiさんの吾妻山記録をいただきました。どんな感じだったでしょうか。



4月16日(東吾妻山周辺)

今週末は、リハビリも兼ねてSuzuさんご提案のお手軽東吾妻周辺へ
午前8時過ぎの浄土平有料駐車場(500円)は既に賑わってますね~
①

予報通り天気は良いのですが風強いね~(>_<)
準備して、まずは東吾妻山へ
②

左足はまだ違和感はあるものの問題ないようです
途中私のストックトラブルがあり、いつもの様にご迷惑をお掛け致しました<(_ _)>
早速、ひと滑り~昨日少しは降ったのかなぁ??でもパウダーじゃないのでイマイチだね~
③
④

頂上に登り返して次は前大巓へ向かいます。
何時もは山頂から姥ヶ原を通り鎌沼を左周りで行くのですが雪が繋がっていない様なので、右回りで湖上横断する事に
⑤

湖上の横断は少し嫌な感じでしたが無事通過
前大巓は賑わっていますね~20人近く居るね~
⑥

では今日の2本目~
⑦
⑧

ザラ目ポイ雪質で滑りやすいね~(^^)v
そのまま滑り下りて蓬莱山へ向かいます
ここも既にギタギタですが本日3本目~
⑨

バター塗ってあるから春の湿り雪には問題なく滑れます
⑩
⑪

でも油断すると板掴みにあい、あっという間に転がされてしまいます
⑫

結構足MPPですがもう一本行きますかぁ~
左足も大丈夫そうリハビリ完了!!
さ~て、楽しい春スキー開幕です!!
ビール背負って山頂行きましょ!!
⑬

(以上、文・写真ともMachiさん)

お疲れ様でした。天気が良くて春スキー日和だったみたいですね。
今週末もどこかにお出かけでしょうか?
    16:27 | Comment : 0 | Top

2017.3.25 平標山 レポ from Machiさん

Machiさんから先週土曜の平標山のレポを頂きました。
豪快な斜面ですね。駐車帯が満車というのもうなずけますね~。


3月25日(平標山)

今日は、Igaさんリクエストの平標山!!
天気文句なし、昨日からの降雪で量も問題なし…でも
武尊では雪崩事故情報もあるし、ラッセルも嫌だし何時もの様にNSPA遅めの出発
平標沢からの登り返しも想定し二居に1台デポして、三国小学校前の駐車スペースに着くとほぼ満車
①

間違いなく立派なトレースが出来てますね!!作戦成功!!
準備して9時40分過ぎにスタート
しばらくして本日のメインコースが見えてきました。さて、雪崩の兆候はどうかなぁ??
②

上に向かって一番左の沢を一人滑って来ましたね~
気持ちよさげな雄叫びに聞こえます~あそこは大丈夫そう(^^)v
何時ものブナ斜面の急登も雪タップリで急に感じないですね
③

尾根に出ても風も無く素晴らしいコンディション!!
約2時間半の12時15分頃山頂到着です。
④

少し休んで記念写真撮ったら行きますかぁ(^-^)
まずは足慣らし、西ゼンコース、仙ノ倉谷へ向かう快適バーン
⑤

下は滝もあり嫌らしい感じなので今回は高度差200m程度滑ったら登り返します。
では、仙ノ倉山をバックにスタート
⑥
⑦

少し重かったけどマズマズの雪質、楽しい滑りは一瞬でも大満足!!
素晴らしい滑りを噛み締めながら黙々と登り返します
⑧

IgaさんとSuzuさんは直ぐにお代わりです
体力不足の私は、一足先に登り返し、メインコース偵察です
⑨

Igaさん、Suzuさんと合流して打ち合わせ後、正面に苗場スキー場、右手には苗場山を見ながら快適バーンを落ちていきます。
⑩
⑪

青空をバックにガンガン滑りますが次第に雪がオモオモにキツイね~
⑫
⑬
⑭
⑮

滑って来た斜面を振り向きニッコリ大満足!!
⑯

しかし、下を見てゾッとした、幅3~40m、長さ3~500mの雪崩跡(゚.゚)
⑰
⑱

朝登っている時には無かったから発生したばかり??
滑っていた所の一つ違う尾根から発生した雪崩でした
危なかったね~巻き込まれなくてよかったね~と安堵の声
雪崩後を乗り越え、安全地帯で滑った後を見ながら休息です
⑲
⑳

天気最高!!無風!!楽しい春スキーの始まり始まり~!!
大満足で帰途につきました。
平標山


(以上、文・写真ともMachiさん)

良い斜面を見せていただきありがとうございました~。
    22:57 | Comment : 0 | Top

2017.3.19 月山 レポ from Machi さん

またまたアップ遅くなり、ゴメンナサイ。
Machiさんの月山レポです。スキー場オープンまであと3週間くらいですか。シーズンはあっという間ですねー。


3月19日(月山プチBC)

今年初めてIgaさんとのコラボは月山!!・・・久々だね~
8時過ぎ志津駐車場に到着すると既に満車、道路脇に路駐です。
9時過ぎにスタート、通行止めから先も除雪が始まってます春ですね~
①

今シーズンは積雪もタップリ5月末まで大丈夫ね!!

自然園もまだ雪の中、石跳川沿いに進みます。
③

湯殿山も大賑わい、あの斜面も滑りたいね~
④

天気は良いのですが、上空は強風(-_-)
山頂はパス!!ブナ樹林帯が良いね~と私は思うのですが・・・皆も同意のようです。
昨夜の雨が山では湿っぽく重い雪となり10cm程度積もった様で新潟並みの重パフ(^^;)
1050mからほんの300m登ったら斜面を選んで滑るだけ!!
⑤

ヤッパリ太板が良かったのね~ガリガリを心配した私は不正解(>_<)
⑥
⑦
⑧

皆バンバン滑りましょう~そして滑った分はトボトボ登りましょう~
⑨
⑪

月山

本日は3本!!老体には十分です・・・大人のスキー万歳!!

(以上、文・写真ともMachiさん)


ありがとうございました。道路の雪の壁、高いですねー。雪の少ない今年も月山にはたっぷりみたいですね。
そろそろ「春スキー」ですね。
    07:48 | Comment : 0 | Top
管理人

PIKANDA

Author:PIKANDA

カテゴリ
時々つぶやくかも
月別アーカイブ
10  09  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  09  08  07  06  05  04  01  12  10  08  06  05  04  03 
ご訪問ありがとうございます
全記事表示リンク
Calender
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
リンク