PIKANDA

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

2009.10.31 晩秋の小安峡

s-dc103170_20091031233950.jpg

10時過ぎに高速に乗って北へ向かった.

途中下り線を追い抜いていった,尾張小牧ナンバーの車は屋根にボードを積んで北へ疾走していく.
明日からの寒波の予報を聞いて,北海道あたりでの初滑りを目論んでいるのかなあ.

こちらは今週末で冬期休業に入る栗駒・須川温泉を目指す.
岩手・宮城内陸地震の影響で岩手県と宮城県からは未だにアクセスできない.
残る秋田県側から深まる秋を楽しみつつドライブとした.

仙台泉IC→古川IC→鳴子温泉→鬼首→秋の宮温泉→泥湯温泉→小安峡温泉→須川温泉

道中は全て温泉地.どこで入っていってもいいくらいだけど,やっぱり地震後に新装なった須川高原温泉に入ってみたかったので,途中は我慢する.

↓宮城・秋田の県境,河原毛地獄を散歩.
s-dc103124.jpg

秋田県側はまだ日が出ていて,晩秋の小安峡は観光客で混み合っていた.
目当ての紅葉は少し盛りを過ぎていたけれど見事の一言.
秋田の名所30選の第2位に選ばれたということだけれど,確かに素晴らしかった.

↓写真の腕が悪すぎ.ピンぼけばっかりでしたが,ご容赦下さいませ.
s-dc103193_20091031233907.jpg
s-dc1031101_20091031234107.jpg
s-dc1031127_20091031234200.jpg
s-dc1031132_20091031234253.jpg


須川高原温泉では窓に木の板を打ち付ける作業をしていて,冬を迎える準備中だった.

白濁した酸性の硫黄泉は強すぎず,上品な感じ.
ほぼ貸し切り状態だったけれど,地震前の10分の1に客が減ったのだという.

午後10時に仙台着.帰りは湯沢,新庄,東根と山形県を経由して一周.
県境は雨が降り出していた.
スポンサーサイト
関連記事
    22:12 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

2009.10.27 エアバッグ

お疲れさまでした.

今日はエアバッグの物色をしていました.
エアバッグと言っても,車のではなくて雪崩グッズ.

「雪崩に遭遇しないための努力」も大切だけれど,万一遭遇してしまった時にどうすれば生還する可能性を高めることができるのか,という話です.

雪崩に巻き込まれた時に,浮力というのは結構大事な要素みたいで,風船を背負っているとなかなか埋もれずに表面に出て来やすいというのは事実らしい.
そうしたことから,雪崩エアバッグ,なるものが考案されたのは1980年代のことだといいます.

雪崩に巻き込まれたら即座に,ザックのショルダーハーネスに取り付けられたレバーを引く.
すると小型ボンベが瞬間的にバルーンを膨らませて,雪崩のデブリに埋もれるのを90%程度防いでくれて,結果的に98%の人が生存出来たという.

北海道の某SクラブさんのHPでは6年も前に国内初の導入レポを出していました.
現在手に入るのは次の3社の製品の模様.

エアバッグが背中だったり,首から上だったり,各メーカーによって,より効果的と考えられる部位に設定されているのが面白い.

ABS Peter Aschauer GmbH
30リットル容量のザックタイプで重さは3.2kg.約1000ドル.

SnowPulse社 LifeBagシリーズ

そのほか,今年はBackcountry access社からもfloat30というのがリリースされる模様.約500ドル.
avalanche-airbag-backpack-backcountry-access-float-30[1]

その効果を体験するのは勘弁してほしい気がしますが,このアイテム,買いでしょうか?
関連記事
    00:38 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

2009.10.26 積丹岳遭難訴訟を考える

札幌テレビニュースより転載
積丹岳で、ことし1月、スノーボードをしていて遭難した札幌市のFさんが、道警の救助活動中に滑落して、死亡した事故を巡る裁判です。裁判では、Fさんの両親が、道警が適切な救助活動を怠ったことが事故の原因として、道警側におよそ8600万円の損害賠償を求めています。
きょうの裁判で、Fさんの母親は、法廷で「救助隊の行動はプロとは言えず、優秀な救助隊に改善されることを望む」と訴えました。これに対して、道警側は、訴えを退けることを求めました。



当時の北海道新聞の記事
志管内積丹町の積丹岳(一、二五五メートル)に一月三十一日に入山した男性が行方不明になった遭難事故で、道警は二日午前七時から捜索を再開し、道警ヘリが約四十分後に男性を発見し、札幌市内の病院に搬送したが、男性の死亡が確認された。また、男性は一日の救助作業中に二度滑落していたことも分かった。機動隊員が急斜面を滑落した男性を、救助用ソリに乗せて引き上げていた際、ソリを固定した樹木が重みで折れてソリが滑り落ちたという。
道警によると、男性は札幌市豊平区Fさん(38)。二日の朝の捜索で、Fさんは標高千メートルの南側斜面で、ソリに乗った状態で見つかった。一日の捜索で道警機動隊員五人は、同日正午、山頂付近にFさんが倒れているのを発見。隊員がFさんを抱きかかえて移動したが、足元の雪が崩れ、隊員三人とともに約二百メートル滑落した。滑落後の同午後一時ごろ、隊員はFさんをソリに収容。三人で約一時間かけ、四〇度の急斜面を五十メートル引き上げた。 その後、他の隊員と交代するため、一時、ソリを樹木にくくりつけた際、樹木が折れ、Fさんが二度目の滑落をして行方不明となった。このため、隊員は一日夕に捜索を一時、中断した。
滑落については当初、Fさんが雪に穴を掘ってビバークしており、そこからの救助作業中に発生したとみられていたが、道警の隊員への聞き取りで、二度の滑落など詳細な状況が判明した。



HBCニュースの記事を全文転載
「積丹岳で何が 救助中に滑落 」
遭難した男性の救助活動、猛吹雪の雪山で何が起きていたのでしょうか。
後志の積丹岳で、警察が遭難した男性を救助中、男性の乗ったそりが斜面を滑り落ち、男性は遺体で見つかりました。
標高1255メートル、後志の積丹岳。
遭難事故は、この山で起きました。
亡くなったのは札幌・豊平区の会社員Fさん。
Fさんが友人ふたりと積丹岳に徒歩で登ったのは31日。
スキーやスノーボートを楽しむためでした。
そして下山中、1人だけボードで滑っていたFさんは、スキーで降りていた友人たちとはぐれ行方がわからなくなります。
午後3時半ごろのことでした。
Fさんは翌日、朝7時半ごろ積丹岳の山頂付近にいることをトランシーバーで通報。
正午ごろ機動隊員の5人で編成された救助隊が山頂から東に250メートルの付近にいたFさんを見つけました。
山頂付近には黄色いテントやボードが残されていました。
6人は、前に機動隊員が2人。
Fさん抱えて両脇に2人。
さらに、後ろに1人の形で下山を始めましたがわずか10分後、Fさんと隊員3人が斜面に張り出した雪を踏み抜いて積丹岳の南斜面を滑り落ちました。
滑り落ちた4人は傾斜40度の切り立った崖にFさんを一番下にして、高さ200メートルの間に散らばるように止まりました。
その後、最も下まで滑り落ちた隊員と、難を免れた2人の隊員がFさんの場所までたどり着き、意識朦朧となったFさんを救助用のそりに収容。
当時、付近は視界5メートルの猛吹雪だったといいます。
吹雪の中、3人の機動隊員はFさんをおよそ1時間をかけて50メートル上まで引っ張り上げます。
しかし、自らも滑落しながら救助にあたっていた隊員の疲労が激しく隊員の交代を決断。
Fさんを乗せたそりを近くの直径5センチの「ハイ松」にくくりつけたところこの木が折れ、ソリは斜面を滑り落ちてしまいました。
けさ、再び発見されたFさんはそりに乗せられたまま最初の滑落場所から600メートルの下で見つかり死亡が確認されました。
今回の遭難について道警の幹部は「ギリギリの状態で活動し、最善を尽くした結果だった」と話しています。




第三者が客観的に考えることが出来るように3本の記事を全文引用しました。



一般的には冬山の遭難なんて、厳しい自然環境に頼まれもしないのに勝手に入っていった人が起こすわけだから、結果がどうであれ「ご迷惑をお掛けしてすみませんでした」と言って終わるのが普通だと思います。ご両親は、危険な冬山に勝手に入っていった我が息子に責任は全く無いと考えているのでしょうか?

道警の救助の手順には確かに至らない点があったし、結局は助けることが出来なかったわけだけれど、実際に救助に関わらなかった者がそれを非難することは妥当ではないでしょう。そもそも、この事故の責任は救助ではなく息子さん本人とそして一緒に入山した仲間2人にあります。こんな訴状を認めていたら今後の日本の山岳救助活動は萎縮してしまう可能性があります。

「出動したからにはプロとしての仕事をしなかった救助隊が悪い」という原告の主張を肯定する意見も確かにあります。
しかしそういう意見を言う人も、一方では、「自分たちの実力では,この天気では無理ですと言って,最初から出動しなければよかったのだし、その結果として遭難者が亡くなってしまってもそれは仕方がないことなのだ。」ということも言っています。

「山岳救助隊」と名乗っているならば、出動しなかったらそれはそれで「不作為」として訴えられてしまうかも知れないし、事は簡単ではありませんね。

それにしても、そもそも北海道警は本当に山岳救助の「プロ」たるべきなのでしょうか?長野,富山,岐阜県警のように北アルプスという特定の地域で歴史を持って活動しているところと同じように考えるのは無理があるような気がします。もっと突っ込んで言えば、犯罪捜査をすべき警察組織がレスキューのプロというのもどうなんでしょう。別におまわりさんが非番でもないのに、ザイルをかついだり、山靴を履いたり、ピッケルをもったり、そういうことをしなくたっていいんじゃないかとも思います。世界的にみて,警察組織が山岳レスキューをするのが一般的なわけではないですから。

とにかく、この訴訟によって一体何がどう変わるのか、道警は何かを変えたのか、注目したいと思います。

自分も積丹岳を訪れてみました(2010/3/22)




その後、3年もかかってようやく判決が出たようです。

北海道新聞 2012/11/19 そのまま転載するのもあれなので、画像でスクラップ風に保存しました。賠償額はかなり減額されていますが、道警の過失を認めたようです。今は判決文の詳細が知りたいところですね。
doshin.jpg


その後、道警は高裁へ控訴。2013/3/14札幌高裁で第一回控訴審が始まりました。

2015/03/26 音沙汰が無いなあと思っていたところ、本日控訴審判決が出たとの報道です。
20150326積丹岳控訴審判決

中途半端に冬山遭難者の救助になんか行かなければよかったのだ、ということなのでしょう。
まあなんとも虚しいですね。(20150326追記)

道が上告しました。どうにもこうにもな裁判ですがまだ続くようです。判決がでるのは何年後?
(20150402追記)
20150402上告
関連記事
    19:32 | Trackback : 0 | Comment : 5 | Top
    23:54 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
    23:29 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top
    22:40 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
    21:13 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
    23:30 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
    13:50 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

2009.10.17 芦安駐車場

2時40分到着。準備して5時10分の乗り合いタクシーの出発をまっています。真っ暗ですが第二駐車場は9割り方埋まっています。隣に停めた人は偶然にも仙台から東京に単身赴任しているという年輩の方だった。甲斐駒と仙丈ヶ岳に行くつもりとのことでした。
こちらは北岳。雪と寒さ対策はばっちりだけれど、低気圧が西から来ているので天気次第では引き返してきます。
関連記事
    04:50 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

2009.10.14 はらこめし

お疲れ様です.昨日はサボりました.

今日も大して書くようなことはありません.
強いて言えば,鮭はらこめし,作りました.

s-dc1014035.jpg

宮城県南部,阿武隈川河口にある亘理町の名物で10月が旬ですが,スーパーに生筋子が出てくると自宅で作って楽しみます.
鮭の切り身が見えませんが,すでに一杯食べてしまって,余ったものを写真に撮ったから.

(スーパーカンジキ隊長のレシピを紹介)
近所のスーパーでこの時期だけ出てくる生筋子を買ってきて塩水を使って丁寧にほぐします.
秘伝のタレで半日漬け込んでおいしいイクラを安く大量に作ります.
(秘伝というのはウソです.筋子と一緒に付いてくるので十分)
生鮭の身を一口サイズに切り,日本酒,みりん,醤油,塩,砂糖などで軽く煮込みます.
この煮汁を使って飯を炊きます.米はコシヒカリでもササニシキでもお好みで.
煮込んだ鮭の切り身は3分の1をご飯と一緒に炊きます.
炊きあがったらご飯と一緒に細かくほぐしながらよく混ぜます.
残りの切り身は最後にご飯の上に載せてふたを閉めて15分ほど蒸らします.
どんぶりに盛りつけてイクラを心ゆくまで載せて,焼き海苔をまぶして出来上がり.


今週末は天気が悪いという予報ですねえ.
それではおやすみなさい.
関連記事
    23:49 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

2009.10.11 岩手山も初冠雪

s-DSC_0655.jpg
盛岡のN君が岩手山の写真を送ってくれました.
昨日はライブカムで自分も見ていたんだけど,ほとんど雲をかぶっていたみたいだったから,山頂が見えたわずかな合間に撮ってくれたみたい.ありがとうN君.

8合目から上は雪が付いているのが見えますねえ.寒そうです.
関連記事
    08:25 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

2009.10.4 芋煮日和

今日はいい天気でしたね.
こんな日に仕事だなんてツイてないねと,窓から外を眺めながらスタッフと一緒にため息ついてました.

午後からはフリーになったけれど,近場をブラブラするくらい.
広瀬川の河原では大勢の人が芋煮を楽しんでいました.

↓芋煮と言えば牛越橋.学生時代は自分もここでやりました.車の中から欄干越しに広瀬川を見下ろす.近くのコンビニでは薪や食材を売り,鍋の貸し出しまでしている.
s-IMG_9419.jpg


そういうわけで,特にこれといって書くようなこともありませんでした.
ビールでも飲んで寝ることにしますか.お休みなさい.

関連記事
    21:03 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top
管理人

PIKANDA

Author:PIKANDA

カテゴリ
時々つぶやくかも
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  11  10  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  09  08  07  06  05  04  01  12  10  08  06  05  04  03 
ご訪問ありがとうございます
全記事表示リンク
Calender
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。