FC2ブログ

PIKANDA

2010.8.21-22 爺ガ岳・鹿島槍ヶ岳(3) 鹿島槍南峰~種池小屋 (帰り)

鹿島槍南峰の到着は午後1時半に設定したタイムリミットぎりぎり。
ここから種池まで6.6km。稜線のアップダウンは400mの登りと800mの下り。5時までには種池に帰れるか。
山頂滞在はわずか5分で切り上げてすぐに下山にかかる。

先ほどすれ違ったツアーやグループを「度々すみません」と追い越しながら早足で下りていく。
s-IMG_0793.jpg

冷池のテン場を過ぎると先ほどの事故現場にやってきた。改めて見てみると、ガスの向こうに小屋の屋根が見えている。本当に小屋から目と鼻の先だった。
切れた岩場の脇に登山道が付いていて、テン場の方から早足で下りてきて岩にでも蹴つまずこうものなら転げ落ちてもおかしくは無い。夜暗い中を山荘まで歩いてトイレを利用しなければいけないテン泊者にとっては、潜在的に危険なところということになる。
s-IMG_0797.jpg

ヘリコプターでの搬出作業が終わって今は無数の足跡のみが残された事故現場を登山道から見下ろすと、どういうわけかブロッケン現象。もう一度合掌してから崖道をゆっくりと通り過ぎた。
s-_IGP6819.jpg

午後2時時41分、鹿島槍から大急ぎで1時間強。辿り着いた冷池山荘で買ったコーラを一気のみしてから水を購入。とにかく日差しが出ていて暑い縦走路に再び踏み出していく。
s-IMG_0805.jpg

冷乗越から爺ガ岳への登り。当たり前だけれど下った分だけ登らなくてはいけない。さすがにもう足の筋肉がパンパンになってきた。ときおり休みを入れて、水とカロリーを補給しながら足を休ませる。
s-IMG_0801.jpg

爺ガ岳中峰の巻き道に入る頃、ようやく冷たいガスが富山側から上がってきて人心地ついた。このあたりで今日初めてライチョウの出迎えがあり、しばらく道を先導してもらう。
s-IMG_0809.jpg

まだ登るのか~と言う感じで最後の南峰への登り。
s-IMG_0812.jpg

午後4時50分、ついに種池小屋に到着。お疲れ様でした。帰り着いてすぐに、大ジョッキ900円を購入。テント泊で節約出来ているから、値段が高いとは全く思わなかった。
s-IMG_0813.jpg

今日は扇沢からスタートして山道を約20km歩いた。2300mほどの登りと1200mほどの下りをこなして12時間。
本当は2日かけてゆっくり歩く積もりだったけれど、翌日の帰りが気になって初日の強行軍になってしまった。

湯を沸かしてレトルトのカレーで夕食。山荘のトイレを借りた後、上がり間口で靴を履いていると、何の前触れもなくおもいきり左太ももが攣ってしまい、しばし動けなくなったのでした。

(づづく)
種池から扇沢
スポンサーサイト



関連記事
    18:00 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
管理人

PIKANDA

Author:PIKANDA

カテゴリ
時々つぶやくかも
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  09  08  07  06  05  04  01  12  10  08  06  05  04  03 
ご訪問ありがとうございます
全記事表示リンク
Calender
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
リンク