fc2ブログ

PIKANDA @八重山

2011.7.23 カムイミンタラを行く(1) 十勝岳温泉~カミホロ避難小屋

7月23日、苫小牧から3時間半ほど走り、満車状態の十勝岳温泉駐車場でどうにか駐車スペースを確保です。入山届けに記入して午前11時30分、標高1280mの登山口から歩き始めました。

左手に三段山の切り立った岩肌を眺めながら深くえぐれた安政火口手前の涸れた沢を渡り、富良野岳へと緩やかに登っていきます。時間も時間なので、日帰りの登山者と沢山すれ違います。
s20110723-IMGP5557.jpg

今日はカミホロ避難小屋前で幕営の予定。時間もあるので、富良野岳と三峰山の鞍部に上がってそこから縦走を始めることにします。途中、お花摘みのご婦人のためにストップさせられること2回。
s01.jpg

色々な意味で花の名山なのだなあと妙に納得です。
s20110723-IMGP5572.jpg

稜線に上がると右手に富良野岳山頂。山頂周辺にもきれいな花畑がありそう。
s20110723-IMGP5606.jpg


しかし今日は体力温存を最優先。富良野岳の登頂はあっさり捨てて左手の三峰山への登りにかかります。
登りに喘ぎながらふと目を向けると、遠く知床の山々が雲海の向こうに見えました。
s20110723-IMGP5612.jpg


給水が非常に困難な十勝連峰の縦走初日、ザックには水分だけで6リットル以上入っているうえに、良いお天気とあって、稜線に上がるまでにかなり消耗しています。
旭岳までの行程は約70kmと、とにかく長いので、いちいちピークを拾っていたりしたら途中でギブアップになりそうな気がしていました。

三峰山山頂にたどり着くと、十勝岳の威容とその前衛にカミホロカメットク。
s02.jpg

上富良野岳のゆるやかな丸いピークを通過。登ってきた谷を眼下に北上します。
s20110723-IMGP5626.jpg

カミホロカメットクのピークも捨てて、迷わずお花の綺麗な巻き道へ。
s20110723-IMGP5637.jpg

尾根を超えると草原の中にカミホロ避難小屋が姿を現しました。
雪渓は沢山残っていて、水はそれほど担いで来なくても大丈夫だった様子。今年は大雪山も雪が多かったようです。
s20110723-IMGP5645.jpg

16時20分、標高1830mのカミホロ避難小屋に到着。小屋泊まりの6~7人の若者グループは元気一杯。テント場には誰もいないけれど早速張らせてもらいました。

後から旭川からというご夫婦がやってきて隣に張って、この夜のここでのテント泊は我々3人ということになりました。

富良野盆地の上に綺麗な夕日と雲海。
s20110723-IMGP5662.jpg

反対側には影十勝が出現。
s20110723-IMGP5673.jpg

標高2000mのテント場は風は弱いものの寒く、早々にシュラフに潜り込みます。明日は双子池まで歩かなくてはいけないし長い1日になりそう。午後9時ころ、真っ暗くなってからテントから顔を出すと天の川が頭上に浮かんでいました。
s0003.jpg




歩行距離7.6km、 休憩を含む行動時間4時間50分、 使った水(食事用含む)約2000ml、 融雪水の給水 0ml
(つづく)


次は7/24 カミホロ避難小屋~美瑛富士避難小屋分岐
関連記事
    19:31 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

2011.7.28 下山報告

s20110724-IMGP5715.jpg

昨日の昼に旭岳温泉に下山しました。
十勝岳温泉に車をデポして入山してから山中4泊の長旅となりました。

十勝連峰、トムラウシ、表大雪までの約70kmを歩くロングトレイル。
もともと5泊の予定でしたが、天候の悪化の懸念があり、途中を頑張って1日早く下山したわけです。

大雪山系、なかでも十勝連峰北端のオプタテシケとトムラウシの間は、少なくとも山中2泊の幕営が必要な山域で、それだけに自然度が極めて高いことで知られています。

そんなところに、静かに分け入ってみよう、と思ったのでした。
実際にたどり着いてみると、その素晴らしさには圧倒されました。まさに「神々の遊ぶ庭」です。

道中、ルートロスによるビバーク、ヒグマの目撃(遠目ですが)などありましたが、無事に帰還しました。
ちょこちょこと、記録を書こうと思います。

7月28日朝、十勝岳温泉にて。(写真は7月24日の十勝岳山頂)


7/23十勝岳温泉~カミホロ避難小屋
7/24カミホロ避難小屋~美瑛富士避難小屋分岐
7/24美瑛富士避難小屋分岐~双子池手前ビバーク地
7/25双子池手前ビバーク地~トムラウシ南沼
7/26トムラウシ南沼~白雲岳避難小屋
7/27白雲岳避難小屋~旭岳温泉
関連記事
    05:34 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
管理人

PIKANDA

Author:PIKANDA

カテゴリ
時々つぶやくかも
月別アーカイブ
05  10  09  08  07  05  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  09  08  07  06  05  04  01  12  10  08  06  05  04  03 
ご訪問ありがとうございます
全記事表示リンク
Calender
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
リンク