fc2ブログ

PIKANDA @八重山

2011.7.25 カムイミンタラを行く(4) 双子池手前ビバーク地点~三川台~トムラウシ山~南沼幕営指定地

7月25日朝、明るくなってみると周囲は霧が立ちこめています。
お腹はそれほどすいていないけれど、途中でバテてしまうのも困るので食べることにします。

サバの味噌煮の封を開けかけたけれど、ちょっと考えて止めておきました。
ルートを取り戻した気楽さからか、昨夜はヒグマに気を払うこともなく熟睡できました。

5時少し前に出発。今日はトムラウシの南沼が目的地です。これから歩く区間が今回の山旅のハイライトでしょうか。

s20110725-IMGP5810.jpg
下山路は雪渓が多く残りところどころ不明瞭ですが、昨日のようにわからなくなると言うこともありません。途中で雪渓からの水を2500ml補給。


双子池が近くなり、背丈以上ある藪道を歩きます。そこに居るかもしれない相手にこちらの存在を知らせるために、「ホーホー」とか「ホッホッホー」とか声を出しながら行きます。この日のために新しく買ったホイッスルも使ってみたけれど、かえって疲れるのでやめてしました。。
s20110725-IMGP5813.jpg

午前5時40分、双子池幕営指定地を通過。昨晩ここに誰かが居た気配はないようです。それにしても四方を藪に囲まれたこの幕営指定地は陰鬱でちょっと怖いです。かえって昨日のビバーク地から無理に下りてこなくてよかったと思ったくらいでした。
s20110725-IMGP5814.jpg

6:12 1569ピーク
7:04 1668ピーク
7:37 1615コスマヌプリの肩
8:16 1591ピークの巻き道

朝の縦走路を順調にアップダウンして行きます。ガスで展望は得られないけれど、かえって気温が上がらなくて歩きやすく感じます。

途中で振り返ると、一晩過ごしたオプタテシケ山が一瞬ガスの晴れ間から見送ってくれていました。
s20110725-IMGP5822.jpg


ガスがとれ始めると、右手眼下には東トノカリ沢の源頭が広がります。手つかずの原生林と蛇行する沢、島状に残る残雪と緑あふれる草原が織りなす原始の姿に感動しました。ここで今日最初で最後、2人組の縦走者とすれ違いました。
s20110725-IMGP5828.jpg


8:52 1558ピーク
9:48 1678ツリガネ山の肩
10:34 1507コル

ツリガネ山を越えて急な鎖場を下り、幕営跡のあるコルに立って三川台を前方に見上げると、いよいよトムラウシの山域に入ってきたと思えます。


振り返ってみてもツリガネ山の向こうはガスで、十勝連峰を歩き通した達成感を感じることはできませんでした。
s20110725-IMGP5837.jpg


急坂を登り切って正午、ついに三川台に達しました。眼下に望まれるユウトムラウシ川の源頭は、先ほどの東トノカリ沢の源頭に輪をかけて美しいです。ここまで来ることが出来たことに感謝しないわけにはいかない気がしました。
s20110725-IMGP5860.jpg

左手は広大な黄金ヶ原の草原。秋には黄金色に輝くといいます。
s20110725-IMGP5868.jpg

その昔アイヌの人たちが感じた「神々が遊ぶ庭」とはまさにこういうところなのだろうなあと思いました。
s20110725-IMGP5873.jpg



三川台からは草原のお花畑の中をトムラウシ山に向かって緩やかに登っていきます。
s20110725-IMGP5885.jpg

残雪に縁取られて青い水をたたえた南沼を過ぎて急坂を登っていきます。
s20110725-IMGP5914.jpg

15時10分、登り切った先が今日の幕営地でした。水源の雪渓からは水が勢いよく噴き出しています。
周囲にはチングルマ、エゾコザクラ、エゾノハクサンイチゲが咲き誇り、まるで別天地の様相でした。
s20110725-IMGP5919.jpg



食事の用意をしながら、すっかり日課になった水の殺菌です。今日は水源地から4000ml取水しマイクロフィルターで漉過してから煮沸。ある程度冷めてからペットボトルに入れるので、ちょっと時間がかかります。

食事は基本的に朝夕2回、アルファ米の鳥おこわや炊き込みご飯、ドライカレーなど。行動中はブドウ糖や固形の高カロリー食品をこまめに口に運んでいました。蛋白もそれなりに必要なので、軽い缶のサンマ、アンチョビーやポーク、レトルトパウチに入ったソーセージやサバ、などを毎食分持って行きましたが、ニオイの出るゴミも二重袋にしていました。

何よりも美味しかったのは1日1杯夜だけ、と思って持って行った「インスタント味噌汁」。毎日大量の発汗で塩分もかなり失われているのでしょう。



食事を終えて17時20分。日没までに1時間以上あるので空身でトムラウシ山頂まで往復しました。
s20110725-IMGP5922.jpg
s20110725-IMGP5925.jpg
s20110725-IMGP5927.jpg
s20110725-IMGP5950.jpg


テントに帰り、明日の行程を考えます。今の問題は明日の幕営地。忠別岳避難小屋ではちょっと近すぎるし、白雲岳まで行くとなると今度は距離が20kmを超えてしまいます。

「まあいいや。歩いてみないとなんとも言えないしね」、とゴロンと寝転んでテントの中からトムラウシ山頂を見上げました。
s20110725-IMGP5961.jpg

今日は幕営者は計6人。ヒグマについては今夜はあまり気にしなくても良さそうでした。




3日目 歩行距離 14.9km (累積34.1km) 休憩を含む行動時間 13時間 使った水(食事用を含む)約3500ml 給水4000ml (南沼幕営指定地の雪渓融雪水)

(つづく)


次は7/26 トムラウシ南沼~白雲岳避難小屋
関連記事
    22:00 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
管理人

PIKANDA

Author:PIKANDA

カテゴリ
時々つぶやくかも
月別アーカイブ
05  10  09  08  07  05  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  09  08  07  06  05  04  01  12  10  08  06  05  04  03 
ご訪問ありがとうございます
全記事表示リンク
Calender
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
リンク