fc2ブログ

PIKANDA @八重山

2011.7.27 カムイミンタラを行く(6) 白雲岳避難小屋~北海岳~旭岳~旭岳温泉(完)

7月27日、入山5日目の朝は2時半に目が覚めました。
s20110727-IMGP6060.jpg

テントサイトが雪渓から近いからなのか、夜はこれまでになく寒くあまり熟睡出来ませんでした。ここまでで一番結露のひどい朝でした。

天気次第では裏旭でもう1泊と思っていましたが、昨日の予報ではこの先もう好天は望めないということらしいので、今日中に山を下りることにします。

山中で最後となる朝食をとり、午前4時50分白雲岳避難小屋を後にします。昨日歩いてきた高根ヶ原、忠別岳、はるかに霞むトムラウシなどに背を向けて歩き出しました。
s20110727-IMGP6065.jpg

白雲岳の分岐をまっすぐ北海岳に進みます。
「雪の沢」
s20110727-IMGP6078.jpg

「花の沢」
s20110727-IMGP6081.jpg

北海平をゆるやかに登る。
s20110727-IMGP6084.jpg


2グループとすれ違って一登りで北海岳山頂に立つとようやくお鉢平が望めました。源頭とは言ってもこちらは火山性地形。有毒ガスが底に溜まっているはずです。残念ながら三川台付近の景色を見てしまった後では、もうどこを見ても感動は得られなくなってしまっていて、まるで消化試合のようにのろのろとお鉢のヘリを進むのでした。
s20110727-IMGP6090.jpg

やがて間宮岳の分岐。そして砂礫の道を下ると裏面にべったり雪渓を残した旭岳はもう目の前です。裏旭の幕営指定地は無人でした。
s20110727-IMGP6107.jpg

雪渓と急なザレを登って、旭岳山頂に9時20分に到着。もうガスが上がってきており、四方を見渡しても大して景観は得られませんでした。
s20110727-IMGP6113.jpg

10分ほどザックを枕にして足を伸ばして休みます。展望が無いだけで風も寒さもありません。下り始めるとそこはロープウェイからの日帰りの人が沢山登って来ます。疲れて動かなくなった子供を背負ったお父さんが汗だくになっています。ペットボトル片手の親子もいます。

初めてここを登った時、山頂付近でまるで会社帰りのように革靴と手提げ鞄の人を見て驚いた記憶がありますが、今もあまり変わっていないようです。
s20110727-IMGP6117.jpg


雲がなかったら絶景のはずなのですがこの日は全くダメでした。
s20110727-IMGP6124.jpg

7合目で一度休憩したあとは、シューシューという地獄谷の噴気の音を聞きながら、姿見までテンポ良く下りていきます。

やがて観光客で賑わう姿見の池の展望所に到着。担いでいる大きなザックをまじまじと見られて「縦走?」と話しかけられました。
s20110727-IMGP6128.jpg

10分ほど楽しくお話などしてから、ロープウェイ駅まで両側に白い花が咲き乱れる、文字通りの「花道」を行きます。
午前11時30分にロープウェイ姿見駅にゴール。十勝岳温泉から入山して、ちょうど96時間でした。




5日目 歩行距離 11.0km (累積66.5km) 休憩を含む行動時間 6時間40分 使った水(食事用を含む)約1200ml 給水0ml


荒々しい火山と美しい花のコントラストが見事な十勝連山、
ナキウサギの石垣山、オプタテシケ山からコスマヌプリの間の山深さ、
三川台付近の源頭に残された原始の森、黄金が原の草原とエゾイチゲのお花畑、
トムラウシの巨岩と湖沼群、ヒグマの闊歩する忠別から高根ヶ原に至る広大な平原・・・
そしてまた火山の旭岳。

歩き通した66kmの間に見たものは、すばらしく変化に富んだ、原始からの自然の姿でした。
日常に戻った今も、目に焼き付けてきたあの大自然がいつまでも失われることのないようにと願わずにはいられないのでした。


(完)


7/23十勝岳温泉~カミホロ避難小屋
7/24カミホロ避難小屋~美瑛富士避難小屋分岐
7/24美瑛富士避難小屋分岐~双子池手前ビバーク地
7/25双子池手前ビバーク地~トムラウシ南沼
7/26トムラウシ南沼~白雲岳避難小屋
7/27白雲岳避難小屋~旭岳温泉
関連記事
    23:52 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

2011.7.26 カムイミンタラを行く(5) 南沼幕営指定地~忠別岳~白雲岳避難小屋

7月26日朝、3時半に目覚める。テントの入り口を開けるとガスが立ちこめていてトムラウシ山頂周辺は見通せません。それでも3人の幕営者がご来光を見るために出発していきました。

昨日のうちに登っておいたのは正解だったかな、と思いながらコーヒーを飲み干して出発の準備にとりかかります。

入山してから4日目に入り山の生活にも慣れてリズムが出てきました。午前5時に出発。


北沼への巻き道を辿ると、朝霧の中に雪解け水をたたえた池塘とその周囲のお花畑がいい雰囲気です。ゆっくりと時間をかけて分岐まで歩きます。
s20110726-IMGP5965.jpg

北沼から先の縦走路はこの時間はまだ誰もいません。独り占めのロックガーデンへ向かいます。振り返る北沼の分岐付近は一昨年の大量遭難事故のビバーク地点となりました。
s20110726-IMGP5981.jpg

ロックガーデンです。それにしてもどうやったらこんな石ころだらけの山ができるのだろう、と不思議になります。
s20110726-IMGP5992.jpg

暴風雨の中、ここを登ってくるのはかなりしんどいだあろうなあ、と事故時の状況をイメージ。
s20110726-IMGP5993.jpg


その後もしばらくは歩きにくい巨岩の道が続きます。ヒサゴ沼泊まりの登山者とすれ違うようになってきました。
s20110726-IMGP6001.jpg

日本庭園と呼ばれるところはあまり印象には残りませんでした。日の光が水面に反射してキラキラと輝いていた美しい天沼を過ぎるとやがて木道が現れ、景観としては急に俗っぽくなってしまいました。しかし、ずっと山道を歩いてきてかなり疲れが溜まってきているので、木道はありがたかったです・・・。
s20110726-IMGP6005.jpg

ヒサゴ沼を右手に見ながら化雲岳への登りをこなし、丘の上の分岐を過ぎます。
s20110726-IMGP6015.jpg



化雲岳の分岐が近付くと再びメンタルが下がりましたが、ここが天人峡へのエスケープルートへの入り口だからでしょう。

一番歩いてみたかった美瑛富士からトムラウシまでの区間は終わったし、もうこれ以上はいいかな、とエスケープしたくなっていたのでした。

けれど初志貫徹と思い直して予定の縦走路を進みます。すぐに五色岳へ向かう気持ちのいい木道に入ります。
s20110726-IMGP6020.jpg


途中の雪渓で今日も2500mlの給水。振り返るとトムラウシ。
s20110726-IMGP6024.jpg

午前10時45分、藪道を抜けると五色岳山頂。遠かった旭岳が近付いてきました。右手雪渓のところ、忠別岳とのコルから下に入ると忠別岳避難小屋です。
s20110726-IMGP6029.jpg


今日の行動を終わりにして幕営するにはまだ少し早い感じです。しかし次の白雲岳避難小屋まではまだ12kmほどあり5~6時間もかかりそう。この忠別岳避難小屋は何とも中途半端な位置にあるのでした。


明日の天気が崩れそうだったこと、ヒグマの気配の濃い忠別岳では幕営したくなかったこと、そんな理由で結局白雲岳避難小屋まで頑張って歩くことにしました。

忠別岳への登りでふと先を見ると、6-700mほど先の登山道が尾根を超えるところに大きな木が見えます。不自然なほど大きな木で、まさかヒグマではなかろうなともう一度見ると、なんと、さっきまでそこにあった木が尾根をスッスッと登っていくのが見えます。
s20110726-IMGP6032.jpg

本当にヒグマでした。距離があるので大声で「ホーホー」と叫ぶと、こちらに気づいてくるりと背を向け尾根の向こうに姿を消してくれました。



その後も声を出しながら歩き忠別岳山頂に午後1時。横浜からのご夫婦と言葉を交わして、高根ヶ原へと向かいます。天気が良すぎて大気が不安定になってきたようです。遠くで雷も鳴り始めました。
s20110726-IMGP6039.jpg

忠別沼も綺麗です。
s20110726-IMGP6042.jpg

平ヶ岳へとゆるやかに続く坂道を下りていきます。
s20110726-IMGP6044.jpg

かなりの距離を歩いてようやく高根ヶ原の入り口。
s20110726-IMGP6048.jpg

まだまだ歩きます。途中で一度、ブチ切れて重いザックを投げ捨てて15分ほど昼寝です。
s20110726-IMGP6051.jpg

17時半、長い長い一日の終わりにようやく白雲岳避難小屋に到着。小屋泊まりの登山者も多数で、テントは6張りでした。
s20110726-IMGP6055.jpg

食事をして水を作るとあっという間に夕闇が迫ってきます。山中5泊の予定だったけれど、この調子なら今夜を最後として4泊で抜けられそう。天気が心配だったので、明日には下山する気になっていました。



4日目 歩行距離 21.4km (累積55.5km) 休憩を含む行動時間 12時間30分 使った水(食事用を含む)約3500ml 給水3000ml (白雲岳避難小屋手前の雪渓融雪水)

(つづく)



次は7/27 白雲岳避難小屋~旭岳温泉
関連記事
    11:28 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
管理人

PIKANDA

Author:PIKANDA

カテゴリ
時々つぶやくかも
月別アーカイブ
05  10  09  08  07  05  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  09  08  07  06  05  04  01  12  10  08  06  05  04  03 
ご訪問ありがとうございます
全記事表示リンク
Calender
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
リンク