FC2ブログ

PIKANDA

2014.1.4 樽前山 

starumae.jpg

翌日は再び冬型が強まる予定で山頂まで行けるチャンスがあるとすれば太平洋側の山でしょうか。無難なところで樽前山に行ってみることにしました。無難といっても前日には遭難騒ぎがあったばかりです。

前日の反省という訳ではないけれど、今日は朝暗いうちから行動開始。長い道路歩きを終えて7合目ヒュッテを過ぎると強風の世界です。風がなければスキーで上がれそうでしたが今日は強風で煽られて滑落する可能性がありアイゼンピッケルに切り替えます。最後は四つん這いになって外輪に上がりますが、三角点までの10mほどは省略させてもらいました。

ファインダーを覗く事さえ出来ない強風に絶句します。晴れていて太平洋、苫小牧の市街、支笏湖、風不死岳、恵庭岳と丸見えですが、吹き飛ばされないように注意しながら樹林帯まで降りました。

スキーが楽しめたのはヒュッテのちょっと上わずか数十メートルだけでした。あとはクロカンの世界で、2時間弱かけて上がった道路上を30分で帰ってきました。

木々の間から星空を見上げながら穏やかな林道を上がっていきます。
sIMGP8921.jpg
煙突から煙が上がりつららが下がって人の気配のするヒュッテです。
sIMGP8934.jpg
森林限界付近で日の光が届きました。
sIMGP8943.jpg
sIMGP8977.jpg

太陽に向かってものすごい勢いで風と雪煙が通り過ぎていきます。
sIMGP8991.jpg
sIMGP8979.jpg
ここからアイゼンピッケルとします。
sIMGP9002.jpg
四つん這いで外輪に上がります。山頂の標識まで10mですが、あまりの強風に動けません。ここで勘弁してもらいましょう。
sIMGP9006.jpg
もう一歩まえで写真を撮りたいのだけれど、長い時間両手を離すことができないので、適当にシャッターを数回切っただけでした。
sIMGP9009.jpg
sIMGP9012.jpg
雪煙の向こうに太平洋と苫小牧の町。
sIMGP9018.jpg
気を付けて下山します。
sIMGP9026.jpg
支笏湖も煙って見えます。
sIMGP9038.jpg
シャッタースピード800分の1秒なので、5cmの流れなら風速40m/s、10cmなら80m/sということになります。実際ひどい風でした。
sIMGP9058.jpg

唯一スキーが楽しめたところ。雪質はさすが・・・。
sIMGP9059.jpg
ヒュッテから90%は漕がなくても下れます。残り10%はクロカンで。
sIMGP9062.jpg
穏やかな登山口。人気がある山のようでスノーシュー、テレマーク、細板、ボードと10人くらいとすれ違いました。
sIMGP9063.jpg
いい正月休みでした。今回は大間のマグロ丼と下風呂温泉を楽しむために函館大間航路で帰還しました。
sIMGP9064.jpg

14010412[1]
スポンサーサイト



関連記事
    15:17 | Comment : 0 | Top

2014.1.3 羊蹄山麓 雪かき

サヒナでの2晩目が明けると急いでチェックアウトします。冬型が一時的に緩む今日がラストチャンスの様子。この世界で有名なH先生達も北海道を遠征中だそうで、ブログで今日は羊蹄山を狙うと書いておられました。実は自分も今回のメインは昨年車のトラブルで敗退した羊蹄山でした。国道5号から京極口へ向かうとまた例によって地吹雪。山頂はまったく見えない状況です。

登山口の駐車帯にはすでに5台ほどが止まっており、自分の車を入れる隙間が全くありません。H先生がここをスタートに選らんだのかどうかはわかりませんが、いずれにしても完全に出遅れたようです。とりあえず車を止めるスペースを作るために路肩の雪を掻き始めました。汗だくになって小一時間ほど雪かきです。一昨日もサヒナでテント場の雪かき。今日も雪かき。雪国で育ったので慣れてはいますが、思わず夢中になってしまうのはA型だからでしょうか。

とりあえず車を寄せて出発する準備が出来たのが10時です。もう山頂を狙うにはギリギリの時間で、とりあえず下見のつもりで行けるとこまで行こうと歩き始めます。登山口まで10分くらい、そのあとゆるやかに森の中を登って行きます。トレースがしっかりついていて、みなさんあの地吹雪の時間によく登って行ったなあと感心してしまいました。

やがて前から2人、続いて1人特徴的な人が滑ってきました。間違いなくご一行のようです。会釈しながら風のように降りて行きました。彼らを見送ってしばらく行くと、滑り降りたトレースのそばの木の枝にポールの下部が引っかかって落ちていました。3人組の誰かが落としたのでしょう。予備のポールは持っているかもしれないけれど、明日も恵庭岳と書いてあったし万一予備のがないと辛いでしょう。どうせ自分は今日は下見でお終いだし、というわけで届けるためにすぐに山を下りて駐車帯に戻りました。

3人組はまだ駐車帯で荷物整理中でした。落としたのはD魔神さんのようで、拾ったものをお渡ししたついでに少しお話をさせていただきましたが、やはり山頂まで行ってきたとの事でした。実力が違いすぎますね、自分はスタートすることさえ出来ませんでした(笑)。

京極口の駐車スペースはすでに5台で満杯です。
sIMGP8880.jpg
朝のうちは地吹雪もありましたが次第に晴れてきました。
sIMGP8882.jpg
しっかりしたトレースがついています。
sIMGP8892.jpg
日の光が差してきました。
sIMGP8897.jpg
下は晴れても山頂は一向に見えません。雲の掛かり方から見て上がどういう状況かは想像できます。これで山頂まで行くというのはすごいものです。
sIMGP8899.jpg
下界はあくまでも穏やか。
sIMGP8905.jpg

今日の成果です。車1台駐めるために結構な量の雪を掻き出しました。明日以降も誰かが使ってくれるでしょう。
sIMGP8913.jpg


関連記事
    00:36 | Comment : 0 | Top
管理人

PIKANDA

Author:PIKANDA

カテゴリ
時々つぶやくかも
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  09  08  07  06  05  04  01  12  10  08  06  05  04  03 
ご訪問ありがとうございます
全記事表示リンク
Calender
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
リンク