PIKANDA

2015.8.8 男体山

薄暗い山道を登っていく途中、ところどころで下山の人とすれ違います。前に人影が見えて、またそんな擦れ違いの一つかなと思いながら「こんにちは」と声をかけました。白いTシャツを着た若い女の子のようですが、頭上の木の葉の隙間にのぞく空を見上げたまま、早口で「こんにちは」と返されて、顔まではよく見えませんでした。通り過ぎながらちらっと見ても、こちらのほうは見向きもせず立ったまま空を仰いでいます。登りなのか下りなのかよくわからない感じで、ただそこに立っていただけでした。
怪訝に思いながらもさらに15分ほど登って行くと、5人くらいの家族連れが立ち止まっています。また「こんにちは」と挨拶しながら抜きにかかると、その中の1人が突然こちらを向いて話しかけてきました。よくみると白人の女の子です。
「すみなせん。私と同じ服を着た女の子を見ませんでしたか?」
「ああ、あの子、娘さんですか?」
とっさのことで相手の年齢をよく考えずに聞き返していました。デミ・ムーア似の女の子はちょっと苦笑いしながら、
「いや妹です・・・。」
「ああ、ごめんなさい。ちょっと疲れているように見えたけれど。それにしても大丈夫なの、1人で?」
「多分・・・。」
家族連れの残りのメンバーは日本人の一家という感じで、お父さんお母さん、それに小学生か中学性くらいの女の子2人で、私達のやりとりをじっと見ていました。
どういういきさつで高校生くらいの白人姉妹がこの一家と男体山に登ることになったのかは不明ですが、これほど離れた場所に女の子を1人だけ残したまま登山を続けている状況はちょっと普通ではありません。
「もしかしたら・・・あなたはもう下りたほうがいいかも知れないね。」
お姉さんに告げると、パッと表情が明るくなって、すぐにでも降りて行こうとするところでした。途中の山道に置いてきた妹のことを心の中で案じつつずっと登って来ていたのでしょうか。
それにしても、このグループのリーダーは日本人一家のお父さんと見るべきでしょうが、どういう考えでこの姉妹を分離して1人を残してきたのでしょう。
途中で嫌になって1人だけ拗ねて、「もう登らない」と言って別れたのかもしれませんが・・・。異国の山の中に若い女の子が1人で取り残されたらどれほど心細い気持ちになったことか。

そこからまた2時間ほども掛かって登頂してからしばらくの時間を山頂で過ごし、下り始めて10分くらいしたところでさっきの一家が登ってくるのと擦れ違いました。その中に先ほどのお姉さんはいませんでした。中禅寺湖畔の登山口まで戻っても2人の姉妹の姿はどこにもありませんでしたが、無事に帰ったのでしょう。自分はその結果に満足でした。


正門から入って社務所に500円の入山料を払います。
1_201508110047147bc.jpg
さらに登山口の門をくぐります。
2_20150811004716b31.jpg
結構な急登をこなして山頂です。
3_201508110047167f2.jpg
4_2015081100472081e.jpg
5_201508110047205d5.jpg
一番奥に奥宮の祠でした。
7_20150811004753a9a.jpg
残念ながら中禅寺湖はガスの切れ間にわずかに覗く程度でした。
8_20150811004755572.jpg
山頂直下のガレを下るとあとは樹林帯の岩だらけの道を下ります。標高差1200mで、登り3時間下り2時間ほどですが、結構ハードな山でした。
9_20150811004756b2c.jpg


関連記事
    00:55 | Comment : 0 | Top

2015.8.1 No.66 鹿島槍ヶ岳 レポ from Machiさん

ようやくMachiさんの夏山始動です。65座目は後立山とのことで、さっそく拝読しましょう~。


8月1日(鹿島槍ヶ岳)

ガソリン残量警告灯が点灯しています。
航続可能距離表示は27キロ・・・・大町市まで50キロかぁ
これから山越えなのに近くに営業中のガソリンスタンドは無い模様、山中ガス欠は勘弁願いたいが果たして着けるかぁ??
ハラハラドキドキの運転でなんとか6時前に大町市内に到着。探し回ってようやく営業中のスタンドを見つけ無事給油・・56ℓの給油でし た(-"-)
遅くなったので一時は今日の登山を諦めかけましたが、2時間遅れですが赤岩尾根登山口へ向かいましょ!!
20台以上駐車している大谷原駐車場に7時前到着、準備して7時15分頃出発です(^_^)v
①

ここから約3キロは木陰の林道歩き、快適ですね~
②

約40分で西俣出合付近に到着。前方には屏風の様な山並が!!今日登る鹿島槍かなぁ??う~んキツそう(-_-;)
③

砂防堤に設けられたトンネルを通りいよいよ赤岩尾根登山口です。
④
⑤

始めはトラバース歩きで特に急登とは感じませんが、梯子が出てくるあたりから確かに急登になりました。梯子は冷池乗越まで20近く設置されていました・・・お陰様で楽々高度を稼げます梯子設置に感謝ですね~
⑥

特に危険箇所もなく9時半頃休息 地の高千穂平に到着。
⑦

多分目の前に見えるのが南峰でしょうかね~まだまだですね~
久々の登山、暑さで水の消費も進み2ℓ持って来た水も既に半分!
山荘まで行けば給水出来るけど、寝不足と暑さなのか早くも両足が攣ってきました(>_<)
騙し騙しで2200m付近の白樺平で、アミノサン、芍薬甘草湯、大福など食べてゆっくりします。・・・両足攣ってはどうにもなりませんからね~
⑧

ジリジリ登っていくとやっと右手鞍部に冷池山荘が見えてきました。少し登ると冷池乗越の標識も見えました。
⑨
⑩

ちょっとした鎖場を登り(下山時には意外と怖かったぁ)、ザレ場をトラバースしていくと11時過ぎ冷池乗越到着!!
⑪

正面に剣岳がドーンとお出迎え\(^o^)/
稜線の心地良い風に 吹かれてしばし放心状態!!いゃ~来た甲斐があるね~
乗越からは登山道がぐっと良くなりまるで石畳の様、歩くのが楽になりました。
山荘までは一旦下ってそして登り11時半前に山荘到着。足は痙攣気味だけど山荘で給水とポカリ飲んだら出発しましょ
テント場を過ぎて少し進むと前方に布引山が見えてきましたぁ~これを越して行くのかぁ(-_-;)
⑫

ズリズリ進んで布引山山頂直下に出るとやっとやっと鹿島槍ヶ岳南峰が見えたぁ(^O^)
⑬
⑭

さぁ~もうひと頑張りですね~山頂の賑わいを睨みながら足を引きずって登り午後1時過ぎ無事66座目制覇です。
⑮
⑯

振り返るといや~登ってきたね~反対側は八峰キレットそして去年登った五龍岳ですね~しかし見事にこの尾根で富山側はスッキリ晴れ渡 り、長野側は雲が湧いていますね~風のせいなのでしょうね~
⑰
s⑱

やっぱり百名山山頂は沢山の登山者で賑わってますね~離れた場所でマッタリと食事して景色を堪能したら下山開始です。
s⑲

布引山山頂から鹿島槍ヶ岳南峰を振り返ります。なかなかカッチョイイ山でしたね~
s⑳

鹿島槍ヶ岳南峰から冷池乗越までは快適な石畳の様な登山道で楽々歩きですが、所々確かに長野側には切れ落ちている所もあります。道幅があるので特には気になりませんでしたが、登りでは何も感じなかった冷池乗越しから白樺平までのトラバース登山道は、下りではザレ道でスリップしたら谷底に滑落するかもと冷や冷やしましたね~
21_20150803212806c1f.jpg

午後6時前車に無事到着~なんとキツネさんがお出迎えしてくれました(~o~)
22_20150803212807c7c.jpg

勿論、次の日 は両足筋肉痛でロボット歩きとなった事は何時ものことですが、ようやく今年の夏山スタートしました。

(文・写真とも Machiさん)


ありがとうございました。白いリンドウの咲く後立山の稜線を歩きたくなりましたね~。
またよろしくお願いします。

関連記事
    21:30 | Comment : 0 | Top
管理人

PIKANDA

Author:PIKANDA

カテゴリ
時々つぶやくかも
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  11  10  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  09  08  07  06  05  04  01  12  10  08  06  05  04  03 
ご訪問ありがとうございます
全記事表示リンク
Calender
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
リンク