PIKANDA

2017.2.16 富良野岳、2.17 トマム、2.18 ルスツ

白銀荘での2日目の朝、気温は期待通りの低さです。雪も夜のうちにサラサラのが10cmほど増えていて、朝は白銀荘でも除雪車が仕事をしていました。

雪の良いうちに富良野岳のジャイアント尾根を目指しました。
s20170216富良野岳

2月中旬の白銀荘・・・とは思えないほど雪が少ないですね。気温は十分に低いですが。
sIMG_1454.jpg

昨日は山頂も見えていましたが、今夜から下り坂との予報の北海道です。
sIMG_1548.jpg

渡渉点は橋が渡してありました。
sIMG_1549.jpg

ほどほどのところまで登ったら、お目当ての斜面に入ります。
sIMG_1553.jpg

またも激パウです。大分疲れが溜まっているので、今日はショート1本で終了。あとは今夜の宿泊地、幌加温泉にまっしぐらとなりました。
sIMG_1556.jpg
派手にスプレーを上げるYuさん。
s富良野⑥

夜は宿で鍋を突いてビールを飲んであっという間に就寝。翌朝Machiさんとはお別れです。

今後山は荒れ模様になるので、BCはこれにて終了。2月17日はトマム、2月18日はルスツに移動して、ゲレンデ遊びです。
トマムは最初新しい雪がありませんでしたが、後半からコンディションが回復傾向となり、翌朝のルスツは低温と大量のパウダーで、数年振りのゲレンデパウダー祭りを楽しみました。

トマム、笹が出ています。
sIMG_1566.jpg
最終日、ルスツは最高のコンディション。
sIMG_1579.jpg


2月19日朝、苫小牧~仙台のフェリーで帰還。Machiさん、Yuさん、一週間もの雪遊びにお付き合いくださいまして、ありがとうございました。 

関連記事
    20:42 | Comment : 2 | Top

2017.2.15 旭岳

キロロから十勝へ大移動し、平日だというのに盛況の白銀荘に投宿。ここも外国人が増えてきました。
宿泊者数に見合う自炊&食事のスペースが無いからなのか、なんだか落ち着きません。
今回はここでは自炊はせず、もっぱら外食を利用した宿泊となりました。

北海道遠征5日目は旭岳BCエリアです。実は天気さえ良ければ登頂も考えてアイゼンピッケルを持ちましたが、ゴンドラ上はガスと吹雪模様で、即座に登頂は却下。サイドを2本滑って終了となりましたが、雪はさすが北海道随一と言われるものでした。

s20170215旭岳

s旭岳

s旭岳③
北海道にきて初めてカメラを使いました。腰パウのYuさん。
sIMG_1513.jpg

樹林の間隔とか非常にいいです。
sIMG_1515.jpg

雪がいいのでテンション高めのMachiさん。
sIMG_1518.jpg

2本目は吹雪とガスで視界が悪くなりましたが、ここでもGPSを持たない外国人ボーダーのカップルが、目標物が何も見えないところをフラフラ歩いていました。我々について来るというので、樹林帯の見えるところまでエスコートします。
sIMG_1528.jpg

日本一の雪に突っ込むMachiさん。
sIMG_1534.jpg

たしかに最高の雪です。この急斜面でスノーシューを片足拾いました。誰か埋まっていないかビーコンチェックしましたが、大丈夫だったようです。ロープウェイ下駅に届けて帰りました。
sIMG_1542.jpg

s旭岳⑥

キロロでも旭岳でも、たくさんの外国人がBCを滑走しています。中には装備のイマイチな人がいて、ニュースにならないような小さな事件は毎日起こっているのだろうなあと思うのでした。
関連記事
    19:37 | Comment : 2 | Top

2017.2.14 キロロ

雪不足のニセコには見切りをつけて、Yuさんのリサーチにて北海道で一番積雪の多いらしいキロロに向かいます。
ニセコとキロロ、近いように思えるけれどそんなにコンディションが違うのかな、と半信半疑でしたが、キロロに近付くにつれて大雪になります。
sキロロ②

キロロBCもニセコ同様のゲートシステムが採用されて、届けを出して許可カード?をもらってていないとゲートを通過出来ないというシステムでした。

これはリフト券ではなく、BCゲート通過用のパス(登録無料)です。最後の最後に下山報告が必要です。
sIMG_1452_20170220184930558.jpg

雪は確かにニセコより断然多く良かったです。平日だったこともありほとんどが外国人。チケット売り場には英語専用レーンがあり、BCゲートの係員も外国人で、ローカルは逆差別?
s50873462177__55E20903-2B5D-4C2E-BD50-C01F43DF451E.jpg

何カ所かBCエリアが分かれていますが、一番手っ取り早いエリアの沢に降りるルートを4本こなします。沢まで降りてしまうとボブスレーコースになってしまっていてつまらないですが、そこに至る雪はなかなかでした。
s20170214キロロ

キロロは外国かと思うほど外国人(特に欧米人)だらけで、沢に落ちたフィンランド人の救出に手を貸したり、レンタカーのライトを点けっぱなしにしてしまってバッテリーが上がった外国人にMachi号から給電してあげたりと、テンヤワンヤでした。
関連記事
    18:55 | Comment : 2 | Top

2017.2.13 ワイスホルン

近場で連泊としていたので、ニセコ周辺で良さそうな所を探します。
2月14日はまだ訪れたことのないワイスホルンと決まりました。

花園温泉からCATも出ているようですが、それは使わずに自力で登ります。
山頂手前は結構な吹雪模様でしたが、雪庇に注意しながら登頂。帰りの雪はまずまずでした。
s20170213ワイスホルン
「静寂のスキー場」のカテゴリーの方が良さそうではあります。
sIMG_1451.jpg

旧ゲレンデトップまではCATの跡が残っています。お客さんはそこから右側のゲレンデ跡か、沢筋に向かって滑るようです。
sIMG_1450.jpg

初見の場所で天気もあまり良くないとのことで、登って来た尾根沿いに帰って終わりにしました。
雪はニセコのサイドより大分ましです。

ワイスホルン山頂にて。
s50864487922__992817D8-278E-4554-8A3B-5A5A0374348E.jpg

sワイス⑤
関連記事
    23:21 | Comment : 2 | Top

2017.2.11-12 ニセコアンヌプリ 

2.11-18の日程で北海道を回ってきました。


2月10日、金曜夕方17時に東京から新幹線で来たYuさんと合流し一路青森を目指します。花輪付近は吹雪いていました。
いつもの如くこの時期ガラガラの津軽海峡フェリーで可能な限りの睡眠をとって、函館には2時ころに上陸。一足早く北海道入りしたMachiさんの待つニセコには午前5時ころの到着となりました。
ニセコ・・・道路に雪がありません。道路脇の雪も固くて真っ黒に汚れていて、ここ数日全く降っていないようです・・・。

結局、2月11日はアンヌプリのゲレンデ1本とガリガリのサイド4本。うち1本はかろうじて開いている山頂ゲートから上まで行きましたが、強風&吹雪にてそのまま大沢へ。リセットされないまま沢山の人が滑ったところは・・・です。

2月12日は五色温泉からアンヌプリの西斜面を2本ショートで。前日よりは気温も低く、夜の間に良い雪が少し積もりましたが、下層とのギャップのためにコントロールしづらいコンディションでした。

s20170211-12 アンヌプリ

五色温泉前は賑わっていました。
s五色
雪は・・・表層はいいものの、中がグズグズ。
s五色③
うーん・・・。
s五色⑤
関連記事
    22:06 | Comment : 2 | Top
管理人

PIKANDA

Author:PIKANDA

カテゴリ
時々つぶやくかも
月別アーカイブ
10  09  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  09  08  07  06  05  04  01  12  10  08  06  05  04  03 
ご訪問ありがとうございます
全記事表示リンク
Calender
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近の記事
リンク