FC2ブログ

PIKANDA

2018.7.15-17 大峰の奥駆道 (1) 行者還トンネル~弥山小屋~弥山

7月15日朝の飛行機で伊丹に飛びました。途中でガス缶を仕入れながら移動して、天川川合というところでバスを降ります。予約しておいたタクシーに乗り換えて行者還トンネルの登山口をスタートできたのは14時半でした・・・。まあ明るいうちに弥山の小屋までは行けるでしょう。

下りの人達と擦れ違いながらよく整備された道を稜線まで、そのあと弥山までさらに登りをこなして、17時すぎに小屋に到着です。テント1張り500円とビール1本500円。ついでに水も1リットル1,000円で補給させてもらいました。

真夏の関西の山ですから10kgちょっとの荷物を背負っての登山は汗だくです。テントで汗を拭いてTシャツを着替えて、サッパリしてから夕食にかかりました。
明日登る最高峰の八経ヶ岳の夕陽の写真を撮っていると、見たことのある人が鳥居をくぐって奥宮に向かって行きました。一筆書きのTさんでした。今は300名山踏破中?
山頂から降りてきたところで、にこやかに一緒に写真に収まって頂きました。ありがとうございます。

さて、明日は八経ヶ岳登頂後は来た道を少し戻って大峰奥駆道を北上しする予定です。女人結界門をくぐって山上ヶ岳手前のテント場までコースタイム8時間くらいの長丁場になりそうですが、大丈夫なんでしょうか・・・。


大阪に向かう飛行機から富士山が綺麗に見えました。
sIMG_2120.jpg

近鉄特急で阿倍野から下市口へ。
sIMG_2124.jpg

行者還トンネル横に登山口があります。
sIMG_2127.jpg

巡礼・修験の道として世界遺産に登録されているのは、スペインフランスのCamino de Santiago と、この大峰奥駆道だけです。
総延長170kmの大峰奥駆道と熊野古道をつないで新宮から吉野まで踏破するのが夢ですが、一気には無理なのでまずは核心部のみ歩いてみることにしました。
sIMG_2129.jpg

行者還トンネルから1時間弱登ればもうそこは大峯奥駆道、です。
sIMG_2137.jpg

いにしえの修験の道を歩きます
sIMG_2142.jpg

修験者(山伏)の像
sIMG_2149.jpg

稜線、つまり奥駆道を逆に辿り、弥山小屋へ向かいます。
sIMG_2144.jpg

最後は良く整備された木の階段を延々と上ります。
sIMG_2150.jpg

弥山小屋まで2時間半から3時間程度。
sIMG_2154_20180724223419df4.jpg

弥山山頂には由緒ある奥宮。
sIMG_2161.jpg

一筆書き~
sIMG_2180.jpg

大峰山脈の最高峰、八経ヶ岳に山伏のホラ貝の音が響きます。
sIMG_2163.jpg

19時半をまわってようやく暗くなってきました。
sIMG_2183.jpg

弥山小屋前のテント場には今夜は6-7張りのテント村。
sIMG_2186.jpg

(つづく)
スポンサーサイト



関連記事
    18:12 | Comment : 2 | Top

2018.6.8-19 コルシカ島 Grande Randonné (GR20) トレッキング レポ from NTくん

NTくんから久し振りに山の写真を頂きました。
私、イタリアのシチリア島とちょっと勘違いしていましたが、今回NTくんが訪れたコルシカ島は地中海で4番目に大きなフランスの島で、ナポレオンの出身地になのだとか。おもにラテン圏の国の人々に人気があるヨーロッパ最大のトレイルが、このGR20で延長170kmにも及ぶのだそうです。NTくん、2週間ほどかけてこのGR20を踏破したとのことでした。

P6160596.jpg

P6110351.jpg

P6190735.jpg

P6080174.jpg

P6160593.jpg

楽しそうなトレイルですね。キャプションが無いのでどういう状況なのかよくわかりませんが、一番最後に写っているのはNTくんだろうと思います・・・多分。

ありがとうございました。また送ってくださいねー。(PIKANDA)
関連記事
    13:30 | Comment : 0 | Top
管理人

PIKANDA

Author:PIKANDA

カテゴリ
時々つぶやくかも
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  09  08  07  06  05  04  01  12  10  08  06  05  04  03 
ご訪問ありがとうございます
全記事表示リンク
Calender
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
リンク