FC2ブログ

PIKANDA

2011.4.29 槍ヶ岳・飛騨沢(1) 新穂高~槍平避難小屋泊

syari.jpg
久しぶりの山行。震災時に物資などでお世話になった方々も含めてメンバーは6人となった。

前日に涸沢で雪崩との報道を受けて、出発直前までメールが飛び交う。結局予定通りに飛騨沢行きが決まる。首都圏からKawaさん、Machiさん、Emutoraさん。東北からは山形のIgaさん、そして仙台から自分と後輩のNAくん。みんな寝ないでそれぞれ新穂高を目指して走る。

6:27 1072m 無事に全員集合して深山荘前無料駐車場から荷物を背負って出発。
s_IGP3948.jpg


近道を選択したKさん以外は忠実に林道歩き。蒲田川左岸の林道は残雪が多い。ヘアピンを過ぎて穂高平避難小屋の300m手前からシール歩行となった。
s_IGP3955.jpg


7:52 1332m 穂高平避難小屋
s_IGP3958.jpg

白出小屋までスキーを外したのは1カ所だけ。
s_IGP3965.jpg

9:24 1544m 白出沢出合。夏道の入り口から沢底へ向かって下りていく。
s_IGP3969.jpg
s_IGP3980.jpg

10:18 1567m ぶどう谷出合。デブリがすごい。
s_IGP3987.jpg

10:48 1628m チビ谷出合。ここもデブリを越えていく。
s_IGP3997.jpg


11:38 1767m 滝谷出合。ここは新しいデブリは無し。ということはこれから落ちてくるということか。
s_IGP3999.jpg

最後の登りは緩やかに
s_IGP4006.jpg

13:12 1991m ようやく槍平避難小屋に到着。
s_IGP4013.jpg


まだ営業していない小屋はスタッフが屋根の雪下ろし中。避難小屋にも1.5mほど屋根に積もっており、寝ている間に潰れたりしないかとちょっと心配になる。テントも持ってきてはいたものの、結局は小屋を使うことにする。他に2グループと単独者1名が一晩をともにすることになった。テント場には5~6張といったところ。
一寝入りしたあと、夕刻には晴れ間が広がり、滝谷と北穂がきれいに見えた。
s_IGP4086.jpg

飛騨沢から見た夕刻の槍平と穂高連峰。
s_IGP4093.jpg
s_IGP4103.jpg

夜7時には各グループ夕食も済ませ長い夜に入っていった。私はいつも通りにあっという間に入眠。




(2)に続く
関連記事
    15:56 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://pikanda.blog74.fc2.com/tb.php/1085-c51e1c0a
管理人

PIKANDA

Author:PIKANDA

カテゴリ
時々つぶやくかも
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  09  08  07  06  05  04  01  12  10  08  06  05  04  03 
ご訪問ありがとうございます
全記事表示リンク
Calender
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
リンク