FC2ブログ

PIKANDA

2011.7.5 No.25 大朝日岳レポ from Machiさん

ヒメサユリ
月山に花撮りに行く積もりだった日曜、朝方の大雨にビビッて中止にして、山麓を徘徊していましたが、その後は大して降らずじまいでした。完全に天気を読み違えてボーゼンです。
さて、そんなころMachiさんは山小屋泊まりの朝日連峰を楽しんでいたようで、レポをいただきましたので掲載します。



7月2、3日、初夏の山形県朝日連邦を縦走してきました(^_^)v
6月中旬、igaさんから「雪渓とお花畑と宴会小屋」への招待メールが届きました。

二つ返事でお誘いに乗ることに !!
直前まで天気予報に翻弄され一時は断念しましたが、金曜日朝から天候がよい方向へ変化!!
igaさんからも決行のメールが届きました。

1日、午後7時自宅を出発→午後11時頃山形道寒河江SAで就寝、何だかんだで結局3時間の睡眠でした(T_T)
2日、午前5時半頃待ち合わせ場所の「湯ったり館」でigaさんと合流、下山予定の日暮沢小屋へ車1台を置きに行くことに。

日暮沢小屋から古寺鉱泉へ移動、午前6時半過ぎ古寺鉱泉朝陽館をスタート
igaさんによると古寺鉱泉からのコースは水の心配が無く、登山道も緩急がついた一般向けルートで楽とのことです。

しかし、暑い(^_^;)1リットルの水は一服清水まで保つのだろうか?
7時半過ぎ、取り敢えず一服清水までは大丈夫でした(^o^)次の 三沢清水は気持ち出ているだけのチョロリ・・トホホ
頑張って9時古寺山へ到着。igaさんは、ずっと体調不良を訴えている、重い荷物と寝不足、朝飯も余り食べていないらしい
私は、寝不足と水分補給不足で左足が痙り始めた・・・・大朝日岳まで行けるのかぁ??・・・黄色信号点滅です。
小大中朝日岳

沢山残っている雪渓で冷気を浴び、冬これたら素晴らしい谷があるなぁとか気を紛らわせながら・・・ガマンで登る。
Y字雪渓

ヒメサユリ


頼みの綱は、大朝日岳間近にあるという銀玉水(^_^;)
11時近くに銀玉水に到着。冷たく素晴らしく美味しい水だ!!
がぶ飲みで15分ぐらい休む。
igaさん曰く、日本で一番美味しい水との事。

確かに今まで飲んだうちで一番美味しいかも!!
給水し、もう一頑張り大朝日岳を目指 す・・・足の攣りは銀玉水のお陰で解消されました(^o^)

11時半頃大朝日小屋に到着。リュックを置いて空身で大朝日岳山頂を目指します。
予定通り12時、百名山25座目、朝日連邦大朝日岳に登頂出来ました。
360度絶景のはずが東・北側は雲が出て南・西の景色だけなのが残念~

12時半頃、大朝日小屋前で昼食~igaさんから天然ナメコ汁をいただく・・・優しい味だ・・・

出発準備をしていると、単独登山のWATAさんが声をかけて来たぁ~
WATAさんは、大朝日岳登山後、秋田県の山、青森県の山を巡って練馬へ戻るとのこと。
帰りのことを考えて大朝日小屋に泊まるつもりだったが、ピストンも詰まらないし、帰りは私達が車で送るからとの事で急遽道連れになって頂いた。

13時、大朝日小屋 を出発~素晴らしい稜線歩きで中岳、西朝日岳を巡る。
西朝日岳へ

igaさんが「振り向いて見て」というので、振り返ると大朝日岳がピラミッド型に見える。古寺方向から見る形とはまるで違う!!
ピラミッド

竜門山から来るとこのピラミッドを見ながら登れるので、こちらの方が本ルートだとの事。
15時半過ぎ、今晩お世話になる竜門小屋に無事到着~古寺登山口からほぼ9時間・・・本当に頑張りました俺!!

この竜門小屋は、小屋前に水場があり、トイレは水洗で臭いもない、室内も清潔で最高~身体を拭き一休み
震災の影響で登山客が少なく、本日の泊まりは、15名程度との事。団体さんが10名ほどこれから来るらしいが全く問題なく広々と使えました。

小屋番さんの遠藤さんと石川さんは、igaさんがよく知っ ている方で、とても親しみやすく山アスパラをご馳走になる・・・葉がほろ苦く茎はまさしくアスパラの味がしました。

私も持参の名物「いちご煮」を食べていただいた・・・気に入っていただけた様子にひと安心です。
5時過ぎから本格的に宴会開始、小屋番さん達は、明日は朝6時出発で登山道整備に出かけるとのことだがigaさん持参の日本酒やウィスキーをガンガン飲み、山以外の話で大盛り上がり(^_^)v
飲めない私もワインをご馳走になる・・・大変楽しい一夜を過ごさせていただきました。
21時近くに就寝。

3日、4時起床・・外は霧雨、眺望なし、寒江山登山は即決でキャンセル。とっとと下山で温泉へ向かう事に決定。
団体さん達は霧雨の中、5時頃大朝日岳を目指し出発して行った。6時 には小屋番さん達も出発・・・ご苦労様です。
朝食をし出発準備、ちゃんと掃除もして6時半過ぎ小屋を後にしました。
黙々と霧雨の中、ユーフン山→清太岩山と登り下りして10時頃無事日暮沢小屋に到着。
全行程ほぼ20キロ、楽しい出会いと冬への期待に満ちた朝日連峰縦走でした。


以上、文・写真ともMachiさんでした。
関連記事
    21:09 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://pikanda.blog74.fc2.com/tb.php/1111-308840e7
管理人

PIKANDA

Author:PIKANDA

カテゴリ
時々つぶやくかも
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  09  08  07  06  05  04  01  12  10  08  06  05  04  03 
ご訪問ありがとうございます
全記事表示リンク
Calender
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
リンク