FC2ブログ

PIKANDA

縦走余話(4) 水

sIMGP6109.jpg
↑大雪山・裏旭の雪渓から流れ出る雪解け水。


残雪の多い今年の大雪山系は7月末の時点ではまだ雪渓も多く残り、水にはさほど困らなかった。

雪の少ない年は水の確保が大変で、特に美瑛富士からトムラウシにかけての区間は水場が涸れると、双子池あたりで汚いたまり水を飲む羽目になることもあると聞いていた。

そういうわけで、初日に飲み水は6リットルちょっとを持って稜線まで上がったけれど、その水は2日目の夜には無くなってしまって、途中で汲んできた雪渓融雪水を使い始めていた。

担ぎ上げた水が無くなった後は、雪渓を横切るたびに水を汲むわけだけれど、水場はあちらこちらにあると言うわけではない。登山道近くの残雪なんて毎年決まったところにしか無いし、雪が少ない年は雪渓が無かったりして注意が必要になる。


結局その後の縦走中に、12リットルほどの水を雪渓から補給した。


ところで、北海道の生水はエキノコックス感染の危険があるので煮沸しないと飲用できない。
北海道感染症情報センターの統計によると、エキノコックスの新規患者は次のようである。

年 07 08 09 10 11
道内 22 21 25 16 9
道外 3 2 2 2 2

道外でも毎年かならず2~3人が発症していて、感染源がわからないことも多いものの、明らかに道内での旅行中に感染したと思われるケースも判明している。有効な治療法がなく最終的には死に至ることもあるエキノコックス症の予防は極めて重要。

登山用品店でも売っている「スーバーデリオス」というフィルターを持って行き、融雪水をフィルターをかけてから煮沸するという、2重の安全策を施した。

「スーバーデリオス」のフィルターは0.1ミクロン、エキノコックスの虫卵は35ミクロン、比較的大きな河川で下痢の原因になる原虫(クリプトスポリジウムやジアルジア)の大きさも8ミクロンくらいだから、メーカーの宣伝するデータからはその性能は十分。フィルターで濾過しただけでそのまま飲んでも大丈夫そうではある。



sIMGP5958.jpg
↑トムラウシ南沼の指定地と右手の雪渓(水源)

とあるサイトの比較表

性能が変わらないのであれば、軽くて安いのがいい、ということでこれを持って行ったのだが、忠別岳ですれ違った方はあまりいい評価はしていなかった。フィルターがすぐ詰まって・・・という理由であった。

確かに説明書に書かれた数百回という濾過をこなす以前に、自分の経験でも20回程度の使用でかなり目詰まりしてきて相当の圧力が必要になっている。でもそれはフィルターがちゃんと働いているということの裏返しなのかも知れない。今のところその実力には半信半疑というところ。


いずれにしても、毎日汲んできた水を濾過・煮沸して自作の「大雪の雪解け水」をペットボトルに詰めて歩く。
見た目がきれいな小沢に行き当たったときなどは、その沢水を思い切り飲んでいるつもりで、ペットボトルの水を必ず一口飲むのだった。そしてまたそれがとても美味しいのだ。


でも正直に言ってしまうと、トムラウシから白雲岳へ20kmを超える長い距離を歩いてようやく小屋が目前に迫ったとき、大きな雪渓からドードーと噴き出す水を目の当たりにしてもう我慢できず、思わずそのまま濾過もせずにゴクリゴクリと2~3口、思いっきり飲んでしまった。

雪渓から直接出ていたのでエキノコックスの虫卵が含まれる可能性は相当低いと思ってのことであったが、さて・・・結果が出るのは何年も先の話か。
関連記事
    19:38 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://pikanda.blog74.fc2.com/tb.php/1127-5de2f17c
管理人

PIKANDA

Author:PIKANDA

カテゴリ
時々つぶやくかも
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  09  08  07  06  05  04  01  12  10  08  06  05  04  03 
ご訪問ありがとうございます
全記事表示リンク
Calender
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
リンク