FC2ブログ

PIKANDA

2012.2.20 今年も真冬の北海道へ (3) 羅臼 熊の湯

羅臼での滞在中、三度も熊の湯に入りに行った。

最初の夜は気温はマイナス10℃をはるかに下回り、さらに凍てつく風も吹いていて、脱衣所で服を脱いで、掟を読んでからかけ湯をするまでのわずか数十秒でひどい震えが来てしまった。

急いでお湯に飛び込んだけれど、このお湯がたまらなく熱い。熱いんだけれどブルブル震えながら入るという、言いようのない感覚が1分ほど続いて、そしてついに熱くて入っていられなくなった。地元の人は平気なのかと見ていたら、あとから来た二人も、「やばいやばい」と言いながらかけ湯をしている。

何度か出たり入ったりをしているうちに、慣れてきて3分くらいは浸かってられるようになった。今度はなんだかこの熱さがたまらなくいい感じに思えてきた。

2日目も同じくらいの熱さ。知床峠から撤退してきて汗が引いて冷えた身体を芯から温められた。

3日目、東岳から下りてきてすぐに行ってみると、今度は5秒も入っていられないくらい強烈に熱い。地元の人もたまらなかったようで、沢水を引いたホースで丁度いい温度に埋めてくれた。

日中から夜にかけて、地元の人がひっきりなしに訪れて入浴しているようだった。
ちょっと玄人好みの羅臼の熊の湯。熱い風呂が好きな人にはお勧めです。

そうして今日は十勝連峰・白銀荘に移動してきて、いつもの露天に浸かってみた。外気温もマイナス15℃と申し分なく低いのだけれど、やはりお湯はかなり紳士的。暴力的な熊の湯に3日間慣らされた身体にはどこか物足りない気がしてしまうのであった。


真夜中でも電気が点けられていて誰でも無料で入れる熊の湯への道。
sIMG_1694.jpg

冬は、掟を読む前に服を脱がないように・・・。
sIMG_1696.jpg

地元の人もやっているように、浴槽の周囲でシャンプーしたり石けんで身体を洗うのは全く問題無い。熱いお湯が好きな人にはたまらない。湯船の中と外は最大60℃程度の温度差ということになる。
sIMG_1698.jpg
関連記事
    14:43 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://pikanda.blog74.fc2.com/tb.php/1205-fdf96ebe
管理人

PIKANDA

Author:PIKANDA

カテゴリ
時々つぶやくかも
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  09  08  07  06  05  04  01  12  10  08  06  05  04  03 
ご訪問ありがとうございます
全記事表示リンク
Calender
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
リンク