FC2ブログ

PIKANDA

2012.3.5 後烏帽子岳レポ from Machiさん

③
今日もMachiさんのレポをアップします。快晴だった宮城蔵王2日目ですね。ではどうぞ。


3月4日(後烏帽子岳)

今日はOkuさんツアー2日目ですが、今朝着いたIgaさんとKawaさんと私は、別行動で屏風岳東壁滑走に挑戦です。
天気は、蔵王でこの時期最高と思われる風もなく晴天の絶好の日和(^o^)
7時半過ぎ、下山予定の蔵王ハートランド除雪終点に車を置きに向かいます。
①

8時半頃、出発はツアーと一緒に、えぼしスキー場に向かいます。
10時近くゴンドラとリフトを乗り継ぎ、スキー場トップへ到着。
集合写真を撮り10時過ぎ、ツアーより一足早く後烏帽子岳山頂を目指し登り始めます。
天気最高~高低差330m程度、トレースバッチリ、1時間以内で楽勝でしょう~(^_^)v
②

しかし、何か足が辛い、気がつくと滑走モードで歩行していました・・・早くもやっちゃいました(^_^;)
少し登ると大量の汗、アウターを脱いで水分補給、Kawaさんが「シルバーペースで行くから~」と言って追い抜いていきます。
しかし、身体が重い昨日の疲れが出たのでしょうか?・・・疲れるほどにはやっていないのですが・・・
Igaさんは「2日目は、それが普通~」と励ましてくれますがホント不甲斐ない(>_<)
何とか11時頃、後烏帽子岳山頂到着。
360度の絶景。目の前に屏風岳がド~ン
③

昨日登った刈田岳山頂や朝日連山、鳥海山までバッチリ・・・今日登っている人は最高ですね~
④

さて、ろうずめ平までの藪は大丈夫か?・・・昨日、Nanaさんに埋まっていなかったら止めた方がいいよとアドバイス貰いました。
ツボ足でKawaさん先頭で降り始めます。雪を踏み抜くとヘソの位置まで埋まります。
⑤

山頂から50mぐらい降りる間に、3回ぐらい踏み抜きました・・・天気晴朗なれどメンタルは大嵐、大雪崩~(>_<)
下からKawaさんが「どうする~覚悟決めて行く?早く降りないとヘッドライト必要になるよ~」との声。
即座に私は「屏風行かな~い、考えが甘すぎました~身の程を知りました~」と返事m(_ _)m
私の力では、ろうずめ平まで1時間、その後、屏風岳の稜線に出るまで1時間半、屏風岳山頂は多分14時過ぎになると思われます。
東壁滑走30~40分、ハートランドまでラッセルや藪漕ぎあると2時間以上はかかるでしょう~車到着は6時頃になってしまうかも
そう思うと全く行く気が無くなりました。
下からKawaさんが「だから本当に行くのって何回も聞いたじゃ~ん」と痛い指摘が・・・でも私のヘタレ具合はよく知っているはず・・・
わざわざこの為に来てくれたIgaさんには大変ご迷惑ですが、私の意志はもう変わりません<(_ _)>
12時頃、山頂に戻り昼食とします。
こうなったら、後から登って来るOkuさんツアーと一緒に、後烏帽子岳から前烏帽子岳へ行き小滝へ滑るツアーに参加することに
後続の何組かの方々に「10人ぐらいのパーティー見ましたか?」と聞いてみましたが見てないとの返事。
既に13時過ぎ、諦めて降りてしまったのでは?!とのことで私達だけで行くことにし山頂から滑り出しました。
すると途中でOkuさん発見!!みんな登って来ているとのこと。
Igaさんの提案で一本滑って山頂へ登り返すことに。
登り返しで私のTLTが不調~Igaさんに見て貰っい靴は異常なし、爪のバネ下に圧縮された雪が凍り付き旨く靴と噛まないことが原因でした。
再び山頂でみんなで昼食~ポカポ カ陽気で楽しくノンビリしていましたが既に14時近く、そろそろ下山しなければ
小滝へ降りる組8名とそのままスキー場へ戻る組7名に別れスタート。
87歳のYoneさんも小滝組に参加、今日も元気です・・・凄い凄い
結構な藪を何度も切り開き、空いたスペースでIgaさんは優雅にテレマーク~、Yoneさんもしっかりと板に載って滑っています。
⑥
⑦

途中、Yoneさんが枝を弾いて唇を切ったときはヒヤリとしましたが、本人は「ちょっと見えなかった」とケロッとしていました。
最初から最後まで先頭で頑張って頂いたKyouさんには大変申し訳なかったですが、私は殿を受け持ちました。
16時過ぎ小滝近くの道路に全員無事降り立ちツアー終了です
⑧

結局2日間ともOkuさんツアーにお邪魔いたしまして大変失礼いたしました<(_ _)>
自分の身の程も判らず、ネットを見て安易な企画を立てるのはダメだと言うことがよ~く解った1日でした。
でも、私がヘタレだと言うこともご理解の上、今後も企画しますから懲りずに一緒に遊んでやって下さい(^_^)v



以上、文・写真ともにMachiさんでした。
それにしても後烏帽子からの屏風の威容は圧巻ですね。素晴らしい。あそこ滑れたらいいんですけれど、条件が非常に厳しいんですよね。あの状況なら自分も撤退です。
南屏風の端っこの方なら私もそのうち、と思って狙っていますけれど、それでも難しいでしょうねえ。
Machiさんありがとうございました。またよろしくお願いします。
関連記事
    14:57 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://pikanda.blog74.fc2.com/tb.php/1216-a8ae6099
管理人

PIKANDA

Author:PIKANDA

カテゴリ
時々つぶやくかも
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  09  08  07  06  05  04  01  12  10  08  06  05  04  03 
ご訪問ありがとうございます
全記事表示リンク
Calender
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
リンク