FC2ブログ

PIKANDA

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

2012.4.21 鳥海山 中島台~新山 (変形・鳥越川ルート)

schoskai.jpg
今日の目的は、以前間違って辿れなかった鳥越川ルートの確認と、あわよくば2度目の新山北面の滑走。それがうまく行ったら、帰りはそれを赤川沿いのルートに繋げること、であった。

金曜夜11時には中島台に着いて車中泊。星が出ている。梅酒を1本飲んですぐに就寝。空が少し白んでくる朝4時前に目が覚めて準備を始めた。

5:10 460m 中島台から出発。5分前に単独の人が出て行った。
5:24 490m 以前大チョンボをして見つけられなかった赤川の橋、夏に下見に来た甲斐もあって無事に見つけて渡る。
sIMGP7996.jpg

薄暗いぶなの林を歩いていると太陽が昇ってきて朝日が差し込んできた。
sIMGP8004.jpg

7:00 905m なだらかな林を登っていき、標高点680を過ぎるとやがて尾根が細くなってくる。標高点905に至って樹木がまばらになりようやく新山が見えるようになった。
sIMGP8023.jpg

7:30 1014m 鳥越川ルートはこのあと千蛇谷の右岸の丘を幾つも登っていくことになるが、ここからルートを外れてやや左よりに進路を取って登っていった。陽の光の当たる北面が輝いていた。
sIMGP8067.jpg

標高1650m付近から傾斜が出てくる。ザラメとフィルムクラストの斜面を軽快に登っていく。先行した単独の人とはこの辺で離れて以後は姿を見なかった。
sIMGP8074.jpg

10:30 1850m 標高が上がるに従って北側は風が強い。稜線直下では表層のフィルムクラストの下はエッジが効かないくらい固い。クトーをつけていても危険を感じて、ここでスキーを担いでアイゼン歩行とする。右に進路を修正して千蛇谷に戻ればスキーでそのまま山頂まで行けそうだけれど、目当ての新山北面の状態を推測するためこのままこの斜面を登ってみることにした。
sIMGP8087.jpg

もう少し時間が経てば緩んで良くなるかな、と思いつつ稜線に登り上げて振り返ると文殊岳の向こうに御浜と水平線。下の千蛇谷にいつの間にか人が登って来ている。
sIMGP8094.jpg

登山道が千蛇谷から離れる場所。向こうの千蛇谷筋に1人、神社直下の手前の斜面に1人、それぞれ登っていた。
sIMGP8104.jpg

こちらは西尾根から山頂に続く小さな谷を登って、ようやく千蛇谷からのルートと合流する。両脇の崖からブロックが落ちてこないかビクビクしながら登る。。2人には完全に抜かれてしまった。
sIMGP8108.jpg

12:00 2236m 中島台から6時間50分、標高差1800mであった。2人の言うところでは、鳥越川ルートを忠実に辿って千蛇谷を登ればもっと早いとのことであった。あの2人の早さなら恐らく5時間くらいで登って1時間くらいで下まで降りているに違いない。
sIMGP8128.jpg

さて、肝心の北面を偵察すると、もうお昼だというのに雪が全然緩んでいない。陽の光は当たっているのだが風が止まない。薄い表層の下はガチガチで、アイゼンは刺さるけれどスキーのエッジは効かなさそう。
sIMGP8129.jpg

これは今日はあきらめるしかない。数日前のものらしいシュプールが1本凍り付いているけれど、今日の状態で下手に滑り込んだら3年前の至仏山の二の舞で滑落は間違いなし。今度は死んでしまうであろう。
sIMGP8132.jpg

少し下から回り込んだら・・・とか色々考えたけれど、今日はおとなしく千蛇谷を滑って帰ることにした。先着の2人も千蛇谷を滑って帰っていった。
12:40 2183m 山頂からスキーを手で持って七高山側に少し下って、千蛇谷源頭から滑り始める。
sIMGP8136.jpg

千蛇谷に入るとそこは無風状態。ザラメは固すぎず、柔らかすぎず、一言で言って完璧な状態。
sIMGP8142.jpg

これなら北面でなくても全然問題なく楽しい。GW前で人もほとんど入っていない綺麗で開放的な千蛇谷。こんなに素晴らしいところだったのか、と驚きながら滑っていく。
sIMGP8145.jpg

お約束の「飛島に向かって滑ろう!」
sIMGP8149.jpg

今日は七五三掛も越えてどこまでも千蛇谷を滑っていく。正確に言うと七五三掛より下では外輪や稻倉岳からのブロック雪崩が頻発しているので、千蛇谷右岸の丘状の地形を滑っていく。
sIMGP8151.jpg

七五三掛付近の外輪の雪付き。
sIMGP8154.jpg

稻倉岳直下の谷筋も稻倉岳からの雪崩で危ない。
sIMGP8162.jpg

標高差1000m以上、距離にして4km以上の快適なザラメ斜面。
sIMGP8172.jpg

振り返ると外輪と千蛇谷、そして滑ってきた右岸の丘陵。
sIMGP8186.jpg

樹木が出てきたらクルーズは終了。次はメローなぶな林をまったりと滑って帰る。
sIMGP8188.jpg

中島台のブナは、あがりこ大王に代表されるように、異形のものが多いので有名。長いブナ林の歩きに飽きてきたら、一番形のおかしいものを探しながら帰るといいかも。今日はこの、豚が乗り移ったかのようなブナが最優秀賞。
sIMGP8193.jpg

14:28 460m 中島台レクリエーションの森駐車場に帰還。移動距離は22km、9時間20分の行動。相変わらずまだよくわかっていない鳥海山北面台地ではあるけれど、今日一日で大分進歩した。新山北面の滑走は条件が揃わないとなかなか難しい・・・。

関連記事
    16:30 | Comment : 2 | Top
Comment
こんにちは。

広大なザラメバーン、気持ちよさそうですねぇ。それにしてもアプローチ長いですね。北面台地内は、どこを滑っても快適そうですが、ルートを誤ると細かいうねりで登り返しが必要だったりするのでしょうか?

新山北面含め、いつか滑ってみたいです。
気持ちよさそうですねぇ  [URL] [Edit]
2012.04.29 Sun 07:30  |  PIKANDA #-
ritzさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
正式な?千蛇谷右岸以外を登ってみた感じでは、先にはうねうねと丘陵が連なっていて、5m程度の小さな登り返しが1カ所ありました。恐らく、どこを滑っても登り返しが必要ないようなラインを自然と作っていきますが、そういうラインは、それほど多くないかも知れません。新山北面もまっすぐ下ると法体の滝に行ってしまうように、一部トラバースか登り返しが必要かと思います。そういうわけで、古から千蛇谷右岸のルートが結局はいちばん効率的なのでしょう。

ritzさんの奥鬼怒の記録等、時折こっそりのぞいて楽しんでおります。またよろしくお願いいたします。
  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
管理人

PIKANDA

Author:PIKANDA

カテゴリ
時々つぶやくかも
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  09  08  07  06  05  04  01  12  10  08  06  05  04  03 
ご訪問ありがとうございます
全記事表示リンク
Calender
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。