FC2ブログ

PIKANDA

2012.8.7 カムチャツカ(5) アバチャ湾 

8時からの朝食会場はロシア人達(多分)で賑わっていた。空いているテーブルに着くと一人旅風のロシア人が隣に座ったけれど、この人との会話は成立しなかった。しかたなく黙って頼んだものを待っていると、また2人連れが入ってきた。隣のロシア人が私を突ついて何やら身振りで伝えようとしている。後からきた2人も私達のテーブルにやってきて4人の相席となった。一人はロシア人スタッフでもう一人は客だったが、客のほうはデンマーク出身でメスという名前だと自己紹介した。

隣のロシア人はメスが英語を話す事を知っていて、どうやらその事を伝えたかったらしい。風邪を引いたと言って鼻をグズグズさせているメスはあまり楽しくなさそうにしていた。彼にロシア語を話せるかどうか聞いてみると、両手を広げて肩をすくめて見せた。実際、スタッフやガイド以外の一般のロシア人客は、外国人とは距離を置いていて、あまり話したがっていない様に思えた。(後になってこれは誤解だということがわかったのだが。)

カムチャツカのメジャーな観光ルートの一つに、アバチャ湾ボートトリップというものがある。現地旅行会社にセットしてもらったプログラムによれば、この日は朝からそれに参加することになっていたのだが、正直言って海のほうにはあまり興味は無かった。ただ、夕方から始まる次の2泊3日のトレッキングの参加者はみんな同じスケジュールになっているであろうから、早めに雰囲気に慣れるために予定通り参加することにした。

バスで港に着いた30人ほどの客のほとんどがロシア人で、外国人は私とメスとスロバキアから来た夫婦の4人だけだった。スロバキア人夫婦は、自分達の名前は英語風に言うとマイケルとケイトだと言うので、そう呼ぶことになった。この夫婦はロシア語と英語の両方をとても流暢に話したので、私とメスはその後のトレッキング中は彼らにロシア語を英語に通訳してもらってなんとか過ごすことができた。

アバチャ湾ボートトリップは5時間ほどで終了。海鳥のために保護された小島付近で停泊して釣りをしたり、少人数に分けられてモーターボートで小島の周囲を回ったりとそれなりに趣向が凝らされていたが、山登りに来た自分としてはやはり退屈だった。

運良くクジラの親子を見ることができてご機嫌で本船に戻ると、キャビンで魚のスープ「ウハ-」をメインに昼食が始まる。ウハーはボルシチと並ぶロシアの代表的なスープだということだが、ここで食べたウハーは今回のロシア滞在中に食べたどのスープよりも美味しかったと思う。

お腹が一杯になった客を乗せて、船はゆっくりとアバチャ湾内の港へと戻っていった。 



ホテルから港へ向かうバスはやたらと立派だった。
sIMGP0038.jpg

乗船を待つ人々。あいにくの曇り空だったけれど降られなかった。
sIMGP0039.jpg

出港。
sIMGP9983-1.jpg

「エトピリカ」が沢山いるのを見てひそかに感動する。この鳥は北海道・根室半島付近の海岸に限られた時期に数羽しか飛来しない幻の鳥。
sIMGP9998-1.jpg

ロシアの船に乗ることになるとは思わなかった。クレーンにつり下げられて、2台のモーターボートが乗せられていた。
sIMGP0005-1.jpg

侵食されてできた有名な岩。このあたりの海岸線も100年前に津波の被害を受けたのだという。
sIMGP0016-1.jpg

YAMAHAの原動機が付いた高速ゴムボートに乗り移る。両手でしっかりつかまっていないと振り落とされそうなスピードで周囲を案内してもらう。
sIMGP0044.jpg

手前、黄色いジャケットのメスは相変わらず楽しく無さそうにしていたが、クジラが見えると途端に元気になって、お前あんな大きなクジラみたことあるか?などと話しかけてくる。そもそもダーツの旅のようなボードゲームをして偶然にカムチャツカに来ることになったのだとか。
sIMGP0048.jpg

海鳥の楽園
sIMGP0065-1.jpg
sIMGP0066.jpg

いつの間にか潜水夫が潜ってウニを捕ってきていた。ロシア人も普通に生ウニを食べる。
sIMGP0043.jpg

(続く)
関連記事
    23:55 | Comment : 2 | Top
Comment
2012.08.16 Thu 08:41  |  machi #-
ロシアの人々も東北人と似て、口の重い取っ付きにくい人が多いのでしょうか?
でも一旦仲良しになると実は人情溢れる気のいい人々なのかも知れませんね?
  [URL] [Edit]
2012.08.16 Thu 09:52  |  PIKANDA #-
>>machiさん、おはようございます。今日は休みです。

そうですね、少し東北人っぽいところもあってシャイな人も多いです。けれど本質的にはロシア人はプライドが高いんだと思います。アメリカと張り合う人々ですから。極端な話、無理して英語を話すのは屈辱的、とか思う人もいるのではないでしょうか?

でも世界中が英語中心に回っていることは彼らも解っていますし、日本人と同じように学校で長いこと英語の教育を受けます。

外向きの人はやっぱり我々と同じように、英語で外国の人々と交流したいと思っているみたいです。そういう人達は一度話し始めると、お互いカタコトで結構仲良くなれます。以外と英語ネイティブな人達より楽しいですよ。心理的に対等なので。
内向きの人は話になりません。鼻にも掛けない感じで外国人とは話をしません。
日本に来る外国人に対する日本人の態度(人によって様々です)と全く同じだなあと感じました。
  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
管理人

PIKANDA

Author:PIKANDA

カテゴリ
時々つぶやくかも
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  09  08  07  06  05  04  01  12  10  08  06  05  04  03 
ご訪問ありがとうございます
全記事表示リンク
Calender
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
リンク