FC2ブログ

PIKANDA

2008.6.21 鳥海山 百宅口 

s-鳥海

もう梅雨入りしたし・・・と思っていたけど,やっぱりじっとしては居られなかった.
もうこうなったら,靴も板も担ぎ上げる覚悟を決めて,またまた夜中に出発.
目指す百宅口,仙台からは一番近いけど,登山口へのアクセスは極めて悪い.
おまけに血に飢えたブヨが待っている.
でも贅沢も言ってられない.

大清水山荘駐車場からの鳥海.
s-dc0621027.jpg


①4:00 835m 砂利道を13.5kmも走ってようやく大清水山荘の駐車場に着いた.明るくなってきた.
大きめのザックに兼用靴を入れ,スキーをくくりつけて出発.さすがに重い.
T君はボードのソフトシューズでそのまま山道へ.

②4:48 1093m 五合目大倉で休憩.樹林帯が続いて木のトンネルが出来ている.スキーの先が引っかかって鬱陶しい.横に固定するのが正解か。
s-dc0621030.jpg


③6:35 1680m 唐獅子平避難小屋.ここで1時間ほど休憩.H8年改築の無人小屋はきれいに管理されている.おにぎりを一個ほおばる.
s-dc0621057.jpg

7:30 1680m 唐獅子平避難小屋を出発.要らない物をデポして兼用靴に履き替えて出発.

④7:40 1720m 雪渓に乗る.ここからシール登高.T君はずっと同じスタイル.
s-dc0621080.jpg

ボードのソフトシューズは滑って大変そう.アイゼンがあった方がよさそう.
s-dc0621088.jpg

T君,たまらず土の上へ逃げる.
s-dc0621102.jpg


⑤9:08 2203m 外輪稜線に到着.稜線下5mまでは雪が付いていた.
s-dc0621098.jpg

稜線上は風もほとんどなく,穏やかな夏山.東側は雲海.西に日本海と庄内浜.ザックの中でつぶれたおにぎり食べたりして,またまた1時間以上ものんびり.
s-dc0621135.jpg


外輪から大物忌神社.
s-dc0621117.jpg





10:14 2198m 少し休んで疲れも取れたし,お待ちかねの時間.外輪から滑降開始.
唐獅子小屋まで,斜度も雪面の状態も申し分なし.

外輪直下から滑り出し.T君と左上に小さく写りこむ飛行機.
スポーツ万能のT君,夏はサーフィンだって.楽しかったね~,またよろしく.
s-dc0621142.jpg



s-dc0621141.jpg


s-dc0621157.jpg


⑥10:33 1820m 避難小屋すぐ上に出る雪渓に乗り換え.藪がわずかに出ているがスキーで通過.
10:40 1680m 3mほど藪を漕いで避難小屋裏手に到着.

s-dc0621161.jpg

雪渓から流れ出る小川を渡り,そこで冷やしておいたビールで乾杯.暑いくらいの陽気で,思わず昼寝.
11:39 1680m 休みすぎて体がだるい.すこしめまいを感じつつ,唐獅子平避難小屋を出発.

⑦11:50 1720m 避難小屋からもう一度上に登って雪渓に出て,それを滑って下山開始.
s-dc0621176.jpg

夏道から離れないよう,雪渓の分かれ目では左よりのを選んで滑る.赤沢川に降りないように行く.屏風岩上で大分右手に流れたので,一旦30m登り返し.
s-dc0621182.jpg


⑧12:30 1535m そのあと,5m×2回の藪漕ぎで夏道横の雪渓に乗った.
s-dc0621188.jpg


13:05 1402m 木の枝なんかを越えてなんとか雪を繋いで滑っていくけど,とうとう雪渓が切れた.
s-dc0621207.jpg

横には別の雪渓が下に伸びているけど,これ以上滑ると夏道には戻れそうもない.
⑨13:27 1445m あきらめてスキーを担ぎ,40m登り返してまた藪を漕いで登山道へ.
s-dc0621217.jpg


靴を履き替え,それぞれスキーとボードををザックにくくりつけて下山開始.
s-dc0621220.jpg

14:10 1093m 五合目・大倉.こんなに登ったっけ?と思うほど長い下り.登りより辛い.
14:58 835m ようやく大清水山荘駐車場.

山頂から唐獅子小屋までの標高差500mを入れて,標高差700mは藪こぎ無しで滑走可能でした.
藪をこげば+100から200mです.
スキー背負って夏道の下りは苦痛だけど,滑ってきた雪の楽しさを思えばどうってコト無い。

百宅口の登山者はこの日,僕らを入れて5人だけ.梅雨入りした北東北だけど終日穏やかな晴天.
最後の最後,ってなんだか子供みたいだけど,さすがに今日でおしまいにしよう.

関連記事
    15:43 | Trackback : 0 | Comment : 1 | Top
Comment
2008.06.23 Mon 19:39  |  PIKANDA #-
には,幸いなことに遭いませんでした.
結構多いらしいですけどね,あのあたりは.
熊  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://pikanda.blog74.fc2.com/tb.php/133-6827a688
管理人

PIKANDA

Author:PIKANDA

カテゴリ
時々つぶやくかも
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  09  08  07  06  05  04  01  12  10  08  06  05  04  03 
ご訪問ありがとうございます
全記事表示リンク
Calender
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
リンク