FC2ブログ

PIKANDA

2013.6.29-30 花旅 朝日連峰(南寒江山のヒナウスユキソウと狐穴小屋)(2)

sIMGP5959_20130702212349.jpg
真夜中を過ぎると一度目が覚めて、その後はうつらうつらしながら夜明けを迎えます。3時50分ころから朝食を作りはじめて5時前には小屋を後にしました。管理人さんと会えず、お礼を言えなかったなあと思いながら歩き始めると、すぐに背中から声を掛けられました。振り返ってお世話になったお礼を言います。小屋の中にはみんなが撮った写真が貼られているので、いいのが撮れたら持ってきて飾っていいよと言ってくれました。また来ることを約束してヒメサユリの咲く道を三方境に向かって登りはじめました。

ガスに包まれた稜線を辿って昨日のコルにやってくると、朝露に濡れたウスユキソウの群落が昨日とは違った趣でそこにありました。湿った空気の中に佇むヒナウスユキソウ。晴天よりもこういう天気のほうが似合う花なのだと思いました。

南寒江山の群落も同じようになんとも言えないいい雰囲気です。しばらく行くと竜門小屋泊まりの人が数人、花を見に空身で登ってきました。約2時間で竜門小屋に到着して一休み。ここの管理人さんとも少し言葉を交わしてからすぐに下山です。ユーフンあたりから見る大朝日や以東はガスに包まれて全貌は見えないけれど、かえって残雪期の美しい朝日連峰の山並みをダイナミックに魅せています。このあたりから登りの人と擦れ違うようになり、清太岩山で稜線に別れを告げると、あとは日暮沢へ向けてどんどん降りていきました。

sasahi_20130630224304.jpg


朝5時前に小屋の外に出て歩き始めます。
sIMGP5813.jpg
三方境に登る道にはヒメサユリ。
sIMGP5823.jpg
小屋を振り返ります。
sIMGP5829_20130630222408.jpg
左の雪渓の上に以東に向かう大阪のツアーの方々。2泊で朝日鉱泉から大鳥まで縦走とのことで、今日は長い行程ですね。右下は三方境に登り返す登山者。狐穴小屋は朝日連峰縦走路の最奥にある山小屋です。
sIMGP5841_20130630222410.jpg
雪渓を眺めながら昨日来た道を帰ります。
sIMGP5848_20130630222910.jpg
朝の縦走路はガスに包まれていて、昨日は砂礫と同化して目立たなかった寒江山のコルのウスユキソウに朝霧が付いて白く光っていました。
sIMGP5853.jpg
sIMGP5862.jpg
sIMGP5881.jpg

もうすぐ南寒江山。
sIMGP5900_20130702190245.jpg

南寒江山の斜面の群落も昨日とは違った雰囲気でした。
sIMGP5985.jpg
sIMGP5974.jpg

朝露で白く光り輝くヒナウスユキソウ。
sIMGP5959_20130702212349.jpg

十分に堪能したら後は帰るだけです。
sIMGP5969.jpg
sIMGP5991.jpg
sIMGP5996.jpg
ユーフンから大朝日を見上げながらトコトコと下ります。
sIMGP6028_20130702184829.jpg
以東岳もさよなら。
sIMGP6030.jpg


あとは高度を下げて雲海の下の日暮沢に帰って行きました。
sIMGP6061_20130630223923.jpg

1日目に戻る
関連記事
    22:46 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
管理人

PIKANDA

Author:PIKANDA

カテゴリ
時々つぶやくかも
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  09  08  07  06  05  04  01  12  10  08  06  05  04  03 
ご訪問ありがとうございます
全記事表示リンク
Calender
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
リンク