FC2ブログ

PIKANDA

2014..5.30 富士山 須走口

ssubashiri.jpg
東京出張の谷間の金曜休暇、えむとらさんに案内して頂いて富士山に出かけてきました。富士宮から上がって剣が峰からのお鉢ドロップをするか、まだ未体験の須走に行くか、どちらも魅力的でしたが結局須走の大斜面を見てみたい気持ちが勝りました。

朝5時前に行動開始。平日とあって人も少なく静かな須走口は標高2000m。2300mの砂払5合付近までブル道を使って登り、雪渓に乗った後はひたすら高見を目指します。午後1時20分、約8時間半かけてお鉢到着。ほとんど無風で強い紫外線が容赦なく顔に突き刺さります。

やや南側から超快適なザラメ斜面へドロップ。標高差で300mほど落とすと、あまりの素晴らしさに思わず2人で大笑いです。そのあとさらに南側へトラバースして行くと見たこともないような真っ白い大斜面です。斜面に負けないくらいの大きな弧を描きながらどこまでも滑っていったのでした。

あざみライン終点で夜を明かします。山中湖の向こうから日の出です。
sIMGP0152.jpg

山頂から赤く染まっていきます。
sIMGP0161.jpg

ブル道を標高差300mほど登る必要がありました。
sIMGP0169.jpg

雪渓末端です。この時期としてはかなり下まで繋がっているのだとか。
sIMGP0176.jpg

下の方はボッコボコです。
sIMGP0183.jpg

このあたりからフラットになりました。が、傾斜もついてきてシールが滑ります。
sIMGP0188_20140531055423989.jpg

途中でスキーは担いで喘ぎながら登ります。えむとらさんはスキーをロープで引っ張っていました。最近、雪降ったんでしょうか。リセットされた綺麗な斜面が続きます。
sIMGP0207.jpg

山頂が見えてきましたが、空気が薄くてきついです。
sIMGP0213.jpg

鳥居めざして一直線に登ります。
sIMGP0214.jpg

なにやら写真を撮る人が見えます。富士山では有名な方だったようです。
sIMGP0214_20140601190006eb7.jpg

鳥居手前まで来ました。雲の巻き方がダイナミックで富士山って感じです。
sIMGP0217_2014053105543636a.jpg

お鉢に到着しました。
sIMGP0236.jpg

剣が峰からはお鉢の底にシュプールが付いています。富士山は今日は最高のコンディションです。
sIMGP0255.jpg

この斜面です。ここから行きます。
sIMGP0266.jpg

「ん~マンダム」って言いたくなりますが古過ぎます。
sIMGP0267.jpg

えむとらさん。
sIMGP0287.jpg

跳ねあがるザラメで背中が霞んでいます。
sIMGP0293.jpg
sIMGP0297.jpg

須走の大斜面。どこをどう滑ってもいいようです・・・。
sIMGP0307.jpg

宝永火口が見えるところまで一枚のザラメバーンです。
sIMGP0303.jpg

うひょー。
sIMGP0323.jpg

もうすぐ6月なのにこのコンディション。
sIMGP0331.jpg

そろそろ終盤。島状に地面がみえてきました。
sIMGP0335.jpg

標高差1400m、距離4.4kmでした。
sIMGP0339.jpg
関連記事
    00:31 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
管理人

PIKANDA

Author:PIKANDA

カテゴリ
時々つぶやくかも
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  09  08  07  06  05  04  01  12  10  08  06  05  04  03 
ご訪問ありがとうございます
全記事表示リンク
Calender
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
リンク