FC2ブログ

PIKANDA

2014.12.30-31 仙人岱ヒュッテ

ssenin.jpg

休暇に入った日の朝、ノンストップで酸ヶ湯まで走って駐車場着は11時少し前。Mokaさんはすでに到着していました。Machiさんもすぐに姿を現します。

先行者のトレースを追って、まだ明るい林を歩き始めました。地獄湯の沢に行き当たると、トレースは沢の右岸を登っているようです。いつものごとく、ここでのルート取りについて若干のやりとりののち、結局沢底を登ってヒュッテまで登ることにしました。源頭付近はガスで50m先は見えません。地元の山の会の人が立ててくれた赤旗がほどよいガイドとなって小屋まで続いていました。

今日の宿泊者は我々3人のほか、地元の有名写真家Iさんと、ガイドのAさんだけのようです。Mokaさんが秋に荷揚げしたペットボトルの灯油5Lはすでに行方不明となっていました。私が上げた灯油缶の10Lは手つかずで無事でした。

ストーブは2つフル稼働で小屋の温度もどんどん上がります。着いた時は氷点下だったのに、最終的には14℃まで上がりました。Mokaさんの用意してくれた「すき焼き」、そして朝はMachiさんの「年越しソバ」で真冬の仙人岱ヒュッテを5人で大いに楽しみました。

翌朝小屋の外に出ると、やはり吹雪です。もう数泊する予定のIさんとAさんに挨拶をして下り始めました。昨日のトレースは完全に消えていました。酸ヶ湯に近付くと、ヒュッテで年越しをする積もりと思われる人々とすれ違うようになりました。これから冬型が強くなりそうなのでお気を付けて・・・。

Mokaさん、Machiさん、今回の山行、楽しかったですね。ありがとうございました。


まだ明るい林、大岳環状ルートをトレース通りに歩き始めます。
sIMGP1418.jpg

地獄湯の沢の岸に上がるところに赤旗で目印。Machiさん、トレース通りに右岸を上っていきます。地元のベテランIさんもAさんも、正規ルートは沢を詰めることだと言いますが、私は真冬はこのルートを登りで使うのは勘弁です。硫黄岳ルートの方が安全でしょう。
sIMGP1421.jpg

両岸はまだ雪が少ないのでいいのですが、沢底を登るのは気分のいいものではありません。
sIMGP1423.jpg

源頭部からは赤旗に導かれてヒュッテへ。
sIMGP1426.jpg

1時間半ほどで到着です。冬季用の入り口は積雪の量に合わせて2つあります。今は低いほうを使います。
sIMGP1429.jpg
sIMGP1430.jpg

Mokaさんの用意してくれた「すき焼き」です。なんと、生卵がでてきました!肉も霜降りです。Mokaさん、ごちそうさまでした!
sIMGP1433.jpg


翌朝、Machiさんの用意してくれた「年越しソバ」を頂いてから、小屋を後にします。Machiさん、おそばとオードブルと、八戸名物のなんとか、美味しかったです。ごちそうさまでした。
sIMGP1434.jpg

Iさん、Aさん、お世話になりました。またいつか(できれば来年?)、ここでお会いしたいと思います。
sIMGP1438.jpg

真っ白けの湯の沢を下ります。
sIMGP1439.jpg

下までくると風も穏やかです。
sIMGP1444.jpg

登りで見た赤旗。ここが谷底が一番低くなるところです。
sIMGP1449.jpg

シールを再装着。
sIMGP1448.jpg

大岳環状を忠実に帰ります。途中から登りのトレースに合流したので、シールを剥がして酸ヶ湯まで滑って帰れました。
sIMGP1454.jpg

みなさんとお別れして、青森港フェリーターミナルにやってきました。これから冬型が強くなるというのに、北海道に渡ってどうしようというのでしょうか・・・。
sIMGP1459_201412311450526aa.jpg

それでは皆様、良いお年を。
関連記事
    14:56 | Comment : 4 | Top
Comment
2014.12.31 Wed 16:58  |  Machi #-
Pikandaさんへ
お疲れ様でしたぁ~
重かったでしょ~すき焼き鍋(~o~)
Mokaさんも重かったでしょ~高級肉(~o~)
でもキツかった分美味しかったですね~
しかも御2人が荷揚げしていただいた灯油のお陰で大変快適に山小屋ライフを過ごせました。
有難う御座いました。
天気悪く滑り的には消化不良でしたが、お腹は十分肥えましたね~
また、小屋でお会いしたAさんは、ネットチェックしたら八戸にある山岳会の主催者の方でしたね~Iさんは岳人にも登場される有名地元写真家の方でしたね~お2人とも重鎮のお方でしたm(__)m
今度はみんなで押しかけて快適なあの小屋を占拠しましようかぁ(^o^)
年の瀬に楽しい企画に交ぜて頂きアリガトウ御座いました。
では、北海道お気をつけてお楽しみください。
(^_^)/~
最後に南部名物は「豆しとぎ」でした(^_^)/
  [URL] [Edit]
2014.12.31 Wed 17:23  |  PIKANDA #-
>machiさん
年末のお忙しいところ、ご一緒いただきありがとうございました。天気だけが残念でしたが、一晩でびっくりするほど積もりましたね。
この次は天気のいい時に硫黄岳の斜面あたりをすべりたいです。
またそのうち、みんなで押しかけましょう。

南部名物、「豆しとぎ」ですね。わかりました。今度八戸に行くことがあったら探してみようと思います。
それでは、来年もよろしくお願いします。
  [URL] [Edit]
2014.12.31 Wed 23:51  |  moka #JalddpaA
Pikandaさん、Machiさんお疲れ様でした。そしてありがとうございました。お蔭様でこの上ない年末を過ごすことができました。すきやきはPikandaさんの発案でした。最高でしたね。私は具材を準備するだけでしたがMachiさんのおそばやオードブル、豆しとぎなど細やかなおもてなしの心意気には参りました。Machiさんが一瞬、滝川クリステルに見えました。(笑) ああ、それにしてもあんなすきやき鍋を背負っているとは露知らず食材をPikaさんに半分持ってもらった私は・・鬼です。Pikaさん、ごめんなさい。
それと灯油の件。貧弱な容器が危険と判断したどなたかが安全な容器に移したか、いち早く使ってくださったのかもしれませんね。次回はPikaさんにならって安全な容器で荷揚げします。

小屋を出る時、振り返ると、IさんとAさんがわざわざ小屋の外にお出になり見送ってくださっていました。感激しましたよね。・・・その一こまをさりげなく写真に収めているPikaさん、さすがだなあと思いました。

そして私はと言えば、鼻水の染み込んだバラクラバをしっかり小屋に忘れて来たのでした。(笑)
  [URL] [Edit]
2015.01.01 Thu 00:44  |  PIKANDA #-
>mokaさん
あけましておめでとうございます。先ほどニセコに着きました。
丁度、蘭越の八幡宮で初詣を済ませたところです。

いや、ほんとに美味しいお肉をありがとうございました。厳冬の八甲田山中であのレベルのすき焼きは前代未聞だろうと思います。mokaさん、machiさんのお陰で久しぶりに楽しい山行となりました。ありがとうございました。
またお付き合い下さいますよう、お願いします。
  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
管理人

PIKANDA

Author:PIKANDA

カテゴリ
時々つぶやくかも
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  09  08  07  06  05  04  01  12  10  08  06  05  04  03 
ご訪問ありがとうございます
全記事表示リンク
Calender
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
リンク