FC2ブログ

PIKANDA

2007.1.13 蔵王坊平 雪中キャンプ

真冬の蔵王でテントなど張ってみることにした.
雪の上でのテントはどんなに底面にマット敷いて,冬山用のシュラフに潜り込んでも,冷気が伝わってきて眠れないものだ.

今回は,発電機とホットカーペットが実用に耐えるかどうかを検証する,というおよそナンセンスなものである.

↓坊平のペンション村前の駐車場.いい感じで雪が積もっている.
s-dc0114002.jpg

↓国設坊平キャンプ場.駐車場からスノーボードで機材を運ぶ.
発電機は相当な重荷.200mほど入った林間にテントを張る.
s-名称未設定 1のコピー

↓美しい蔵王の森.
s-dc0114021.jpg

↓食事のあと,ガソリンを入れて発電機をまわす.発電機は30mほど離して木の陰に置けば,音もほとんど聞こえない.
s-dc0114024.jpg

↓次第に闇に包まれていく.
s-P1030885.jpg

ホットカーペットは3人用のテントにぴったり収まった.
銀マット,ダウンのシュラフ,掛け布団まで持ち込んで,ホットカーペットのパワーをmaxにする.

しばらくしてガソリンの減りが早いことに気が付いた.夜中に切れるのは勘弁だ.

カーペットのパワーを下げて,消費電力を落とすと,自動的に発電機の回転数も落ちて,この問題は解決.実際,カーペットのパワーはmaxでは暑いくらいだったので,持ってきた10Lのガソリンで十分に一晩過ごせる目処が付いた.

しかし,その後夜半に寒くなって目が覚める.発電機が止まっている?

雪を掘った上に置いた発電機の底面でさらに雪が溶けて,発電機がひっくりかえっていた.
まあ,予測できることではあったんだけどね.板の上に置く必要があったね.

その後は朝まで快適に過ごした.テントの底面も溶けるけど,グラウンドシートをしっかり敷けば,水が入ることも無い.

結論として,発電機とホットカーペットは,運搬の距離が短ければ,雪中キャンプのアイテムとして,相当に使えることがわかった・・・またいつかやってみよう.
関連記事
    22:30 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://pikanda.blog74.fc2.com/tb.php/270-127a301f
管理人

PIKANDA

Author:PIKANDA

カテゴリ
時々つぶやくかも
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  09  08  07  06  05  04  01  12  10  08  06  05  04  03 
ご訪問ありがとうございます
全記事表示リンク
Calender
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
リンク