FC2ブログ

PIKANDA

2008.5.2 白馬鑓温泉・白馬鑓ヶ岳・大雪渓周回 山スキー

s-はくばやりのコピー
今年もGWは家族サービスとの折り合いをつけるのに一苦労.
困ったときは,やっぱり北アルプス.

5/1夜9時に一足早く仙台を出発.東北道・磐越道・北陸道経由で猿倉には午前3時到着.4時半まで仮眠を取る.途中,磐梯山SAあたりでデジカメを忘れたことに気付き,電話してみる.しっかり机の上で充電中とのこと.がっかり.明日来るとき持ってきてね・・・.

ということで,今回は携帯で撮った鑓温泉までのわずかな写真だけ.あとはメモリー切れ.


①4:54 1254m 猿倉出発.明るい.ランプ不要.林道から左尾根に入っていく.
尾根上には3カ所にテン泊者が.
s-200805020544000.jpg

②6:00 1558m 小日向のコルへの斜面をシールで登る.左手に小日向のコル.正面に白馬鑓.その下が長走沢上部の雪面.
s-200805020546000.jpg

③6:57 1856m 小日向のコル.先行パーティーは杓子尾根に入っていく.そちらから杓子沢に降りるルートがないか見に行ってみた.1894mまで登ったが,滑れそうにない.仕方なくコルに引き返す.
杓子尾根から白馬岳主稜.
s-200805020701001.jpg

7:27 1856m 再度小日向のコルから鑓沢を望む.快晴.
s-200805020701000.jpg

鑓沢入り口までなんとか高度を下げないよう頑張るが,結局尾根を回り込まないといけないので,200m以上高度を下げた.
④8:06 1639m 鑓沢入り口.右手杓子沢からはデブリ.鑓温泉目指して,再びシール登高.
s-200805020842000.jpg

鑓沢下部から鑓温泉方向を見上げる.
s-200805020842001.jpg


⑤9:16 2042m 鑓温泉到着.スコップで階段を作り入浴.藻が付いて滑るけど,いい温度.サイコー.1人でも気分は盛り上がる.
20080502213204.jpg

9:46 鑓温泉出発.温泉に浸かっている間に単独スキーヤーが先行.次第に傾斜がきつくなる.気温が高く,雪が溶けてシールが効かなくなる.
11:12 2360m 鑓沢中部.シールをあきらめ,つぼ足で登高.膝下まで潜る湿雪.ガスが出てきた.展望はきかなくなるけど,雪面の状態を考えるとありがたい.かなりのペースダウン.

⑥13:23 2753m 天狗山荘分岐点.400mを2時間もかかってしまった.途中ガスの中を先行者が鑓沢を滑り降りていった.さて,どうするか.このまま帰るか?と思っていたらガスが晴れて山頂が見える.万一の際のビバーク準備はしてきている.行くか.

⑦14:25 2903m 白馬鑓ヶ岳山頂.少し前に反対側からの4人パーティーが山頂から下ってきた.
今は白馬岳も白馬山荘もはっきり見える.杓子の最低鞍部までもう少しかな.目標は15:30.

⑧14:45 スキーを履いて,山頂から一気に杓子岳のトラバースポイントへ向かう.手前の小ピークは回避して,清水谷上部を滑降し,そのままトラバースポイントへ.ここの雪が最高だった.登り返すこともなく,杓子のトラバースポイントに着いた.

⑨15:00 2711m 杓子のトラバースポイント.ここから延々とトラバースしているうちに濃いガスに巻かれた.GPSとわずかなトレースを頼りに,最低鞍部を探す.
途中所々ガレが出ていて,スキーでガレ場を3mほど滑ってしまった.ガガガガ・・・イテテテテ.

15:45 2600m 最低鞍部から大雪渓へエントリー.よし,ここまでくればこちらのものだ.あとは白馬尻まで1000mのダウンヒル.最初の200mはザラメのいい斜度の斜面で快適そのもの.時間も時間なので誰もいない.スラフが流れても気にせず行ける.

⑪15:50 2345m 岩室付近では両側からのデブリでとてもラインは取れない.ガスはここで晴れた.

⑫15:56 2149m デブリ地帯はこのへんまで続いた.それより下,雪渓中下部はデブリはあるものの,ラインはなんとか取れる.自分の足で頑張って登ったご褒美.楽しまなきゃ損だね.無人の大雪渓で1人テンションは最高潮.

⑬16:09 1588m 白馬尻.あっという間でした.充実の周回ここでおしまい.あとは猿倉へ下るだけです.林道へまっすぐいけばよかったものの,ヘンテコなトレースについていって,長走り沢左岸を高巻いてしまう.時間をロスしたけど,明るいうちに着けそうだから,まあいいや.
17:03 1243m 余韻を楽しみながら休み休み下り,猿倉到着.白馬尻から1時間弱もかかっちゃったね.足痛いな.靴擦れがひどいことになってそうだ.

さよなら白馬,楽しかったよ.また今度ね.


この周回コースは大雪渓を登って,鑓沢を滑るのが一般的なのかな.逆周回の記録はあまり見ない.
なんちゃって,本当は大雪渓を登る積もりだったんだけど,猿倉からなんとなく左の尾根に登ってしまい,林道に戻るのも面倒だからそのまま逆に回っただけ.

雪としては大雪渓より鑓沢のほうが断然よさそうに見えた.小日向のコルへの登り返しは嫌だけど.

結局一周するのに12時間もかかってしまった.一番大変だったのは鑓沢上部の湿雪.ここでのつぼ足はホントにきつかった.温泉なんか入ってて山頂到着遅すぎ・・・.でも貸し切りの鑓温泉,最高でした.


関連記事
    22:42 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top
Comment
2011.05.16 Mon 22:54  |  なか #-
ずいぶん昔の日記にコメントしてしまいます。

昨日、白馬鑓に行ってきたので、ついつい見に来てしまいました。
PIKANDAさんは、九州?てことで雪シーズンは終了でしょうか?

今年のGWは天気に恵まれず、ちょっと残念でしたが
今回ので、やっと山スキー行ってきた、感じです。
大雪渓の方は、かなりのデブリ具合らしいですが
こちらはきれいな雪でした。
  [URL] [Edit]
2011.05.17 Tue 00:05  |  PIKANDA #-
こんばんは。その後お元気ですか。
鑓沢、良かったですか。今年は槍ヶ岳か白馬鑓か迷ったのですが、結局飛騨沢に行ってしまいました。
また鑓温泉に行きたいなあ、と思っています。出張ついでに百名山こなしてきましたが、できればもう1回、スキーでどこかに行きたいと思っています。今年こそ富士山デビューしたいです。
  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://pikanda.blog74.fc2.com/tb.php/59-c267c1b8
管理人

PIKANDA

Author:PIKANDA

カテゴリ
時々つぶやくかも
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  09  08  07  06  05  04  01  12  10  08  06  05  04  03 
ご訪問ありがとうございます
全記事表示リンク
Calender
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
リンク