FC2ブログ

PIKANDA

2009.7.5 鳥海山麓を徘徊

標高600mの鳥海・南山麓.
夜半に大雨が古いコテージの屋根を叩きつけたけれど,朝には何事も無かったかのように晴れていた.
s-イメージ 2

鳥海高原家族旅行村は湯の台の旧登山道入り口に当たる.
キャンプ村最上部にはちょっとした湿地と池塘があって,上にある雪渓と同じ名前で,心字池という名前が付いている.心字池は,水生生物の楽園でもある.
アカハライモリはあちらこちらにプカプカと浮かび,気持ちよさげ.
s-dc0705042.jpg

↓モリアオガエルの卵.ちょうどいい時期に来たみたい.池塘の周囲のあちらこちらに見られた.
s-dc0705078.jpg


午前中は湯の台口まで車を走らせる.
↓やっぱり!車道終点のちょっとした残雪のところにお一人.月山の天気が悪いのでこちらに転進と仰っていた.白い花はイワイチョウ.
s-イメージ 101

↓子供達がどの程度登れそうなのかチェックするために,一緒に手ぶらで登山道を滝の小屋まで往復してみる.滝の小屋の裏手雪渓にもうお一方いました.なんだか嬉しくなってしまった.
s-イメージ23

午後はブルーラインを経由して,秋田側,中島台レクリエーションの森を3か月ぶりに訪れてみた.
雪がないブナの森は全然違うところに来たみたい.木道が出ているから,今度は間違えずに吊り橋で赤川を渡っていく.
↓巨木100選のあがりこ大王.樹齢300年以上と言われる異形のブナ.
s-dc0705217.jpg
↓出つぼといわれる湧水.ここから急に川が発生している.
s-dc0705237.jpg

午前は南,午後は北の山麓をそれぞれ1時間ほど歩いて,おもいきり初夏の鳥海山を楽しませてもらいました.
家族旅行村のコテージは12年ぶりだったけれど,そこにある自然は以前と全く変わらないものだった.いつまでもこの大自然が損なわれることなく,受け継がれて欲しいものです.
関連記事
    23:59 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://pikanda.blog74.fc2.com/tb.php/596-a29132e4
管理人

PIKANDA

Author:PIKANDA

カテゴリ
時々つぶやくかも
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  09  08  07  06  05  04  01  12  10  08  06  05  04  03 
ご訪問ありがとうございます
全記事表示リンク
Calender
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
リンク