FC2ブログ

PIKANDA

2009.10.17 北岳(1) 広河原~二股~八本歯のコル~山頂

sIMG_0548.jpg
紅葉を見たいなんて言っておきながら,結局は晩秋の3000m級の幕営山行となってしまった.

日本海から発達しながら近づいてくる低気圧と,南岸の前線を伴った低気圧.二つ玉とまでは言わないにしても,土曜の天気は北日本と北陸は間違いなく悪そう.

全国的にも高い山には雪が降るのが間違いの無い気圧配置だけれど、南アルプスならばそれほど大雪にはならないだろうと予想して出発した。

午前6時,始発の乗り合いタクシーで広河原に到着.まだ薄暗い.他の10人ほどの登山者と一緒に吊り橋を渡って山荘前で登山届けに記入.大樺沢の登山道に一番で入る.
s-dc1018030.jpg

山頂は見えるけれど,高曇りで天気は期待できない.むしろ,夕方には雪になるとの予報であった.ザックの中は完全に耐寒使用。ちょっと重いけれど12本爪のアイゼンもお守り替わりに入れておく.ついでにワインをペットボトルに詰め替えて忍ばせておいた.

ピッケルを持つかどうかは最後まで迷ったけれど,ポール2本を持つことにして,結局は車に置いてきた.

こんなに大きなザックで登っているのは前後に誰もいない.11月初旬までは山小屋も営業しているし,雪が降る日にわざわざ幕営する人もいないだろう.こちらは1か月振りの休暇で,やる気だけは満々といった感じ.

とにかく重装備なのでペースはゆっくりだけどなるべく休まずに登っていく.広河原あたりの標高は1700mほどで,紅葉はまずまずだった.
s-dc1018061.jpg

二股あたりまで数グループに道を譲る.ここから右俣に入り山頂北側の「肩の小屋」に出るか,左俣を行って八本歯のコルに出るか迷っていたけれど,八本歯のコル周辺ののハシゴ場を明日雪の着いた後で下る気にはならなかったので,登りで使うことにした.
s-dc1018115.jpg


途中,15-6人ほどの大学のサークルらしいグループと抜きつ抜かれつになる.まるでウサギとカメのようで,若者はささっと追い越して,すぐに休みを入れる.休みを入れないこちらがゆっくり追い越すと,しばらくしてまた追い越される.

そんなふうにしながら,八本歯のコル下のハシゴ場まで登ってきた.彼らはここでまだ登ってきていないメンバーを待つというので,こちらはハシゴの登りに取りかかる.

ハシゴ場で今日初めて下りの人とすれ違う.稜線はひどい風で視界もままならないとのこと.幕営は無理かな,とちょっと憂うつな気分になる.

北岳山荘前に張って,間の岳もついでに登って・・・という計画はちょっと変更が必要かな、と思いつつ登っていく.
s-dc1018154.jpg

八本場のコルに出ると北岳山荘がかろうじて雲の下に見えた.その奥の中白根山も,間の岳も,完全に雲の中.コル周辺にも次第に雪がちらついてきた.

これは今日中に北岳山頂を踏んで肩の小屋前にテントを張って,明日は降りるだけにするのが賢明かな,などと考えながら登っていく.
s-dc1018191.jpg

コルから山頂までは200m程の岩稜帯の登り.時折山頂の方から降りてくる人とすれ違う.声を掛けると,多くは北岳山荘に泊まるという.
s-dc1018198.jpg

山頂まであと50m程のところで,2人組とすれ違う.朝,二股あたりで抜かれた2人で,彼らは右俣から山頂を踏んできたのだった.

「山荘泊まりですか?」と聞くと,
「いや,これから八本歯のコルから降りるつもりです」と返事が返ってきた.
天候の悪化を考えるとそのほうが良いかも知れないですね,と言いながら,お互いに道中の無事を祈る言葉を残して別れる.

雪の付きはじめた稜線を慎重に通って山頂に向かう.アイゼンまでは必要ではなかったものの、滑らないようにゆっくり行く.ガスの中を3人組が降りてきてすれ違いながらまた,お互いに無事を祈る言葉を交わす.
s-dc1018213.jpg

午後1時前,何も見えない北岳山頂に立った.南側には5年前までの山頂「3192m」.北側には新しい山頂「3193m」があった.誰もいない.

不思議なことにここに立つと風はほどんど無い.いつもするように、その山の神様に感謝の言葉をつぶやいてからザックを下ろして,しばしボーっと目の前の雲をみつめていたのでした.
s-dc1018219.jpg

s-1_20091020072219.jpg


↓新山頂は北側,3193m.測量し直した結果だそうです.とにかく日本で2番目に高いところ.
黙っていても脈がいつもより速くて,わずかに息苦しい感じもする.気圧が低くなっているので尚更かな.
s-dc1018233.jpg

(続く)
関連記事
    21:13 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://pikanda.blog74.fc2.com/tb.php/703-96dcad64
管理人

PIKANDA

Author:PIKANDA

カテゴリ
時々つぶやくかも
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  09  08  07  06  05  04  01  12  10  08  06  05  04  03 
ご訪問ありがとうございます
全記事表示リンク
Calender
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
リンク