FC2ブログ

PIKANDA

2009.10.17 北岳(3) 標高3000mの稜線で過ごす夜

s-IMG_9747.jpg
雲の中でのご来光.北岳の斜面と.雲がとれると富士山が見えた.
s-IMG_9699.jpg
この日の夕食。

2時間くらい眠ったところで、背中から冷気が上がってきて目が覚めた.まだ小屋の発電機の音と,トイレに行く人の出入りする音が聞こえている.

雪は小降りになったみたいだけれど、時折風がテントが変形するほどに強く吹き付ける.フライのバタバタという音はさして気にならない.暗闇の中でヘッドランプを探した.

いつもの夜なら次の休みはどこでどうしようかと考えているのに,念願叶って山中のテントで過ごすこの夜は何も考える必要が無い.そのシチュエーションを楽しむだけだった.

無線のスイッチを入れて交信している局を探してみる.さすがに標高3000mの稜線で、千葉,神奈川,東京と関東一円の局がクリアに聞こえた.丁度,茅ヶ崎の局が呼び出しをしていたのを聞いてついついコールを返すが、普段はエマージェンシー用に持って歩くだけなので,自分のコールサインすらおぼつかない・・・.シドロモドロになりつつも何とか交信.でもなんだか結構楽しい.

夜10時過ぎまであちらこちらの局の交信やラジオを聞きながら,本格的に眠りに入る.
銀マットを敷いて,シュラフカバーの中に厚いダウンのシュラフ.体にいろいろと着込んでいても背中から上がってくる寒気は如何ともしがたく,大体1時間半おきに目が覚めた.

朝4時になるとさすがにもう眠れない.ベンチレーターから外をのぞいてみたけれど,真っ暗で星も見えなかった.

お湯を沸かして朝食にする。5時を過ぎると小屋の登山客も起き出してきたようだった.テントの外が次第に明るくなってきた。今日のご来光は5時55分とのこと.その時間前にテントから這い出して東の空を見ると,一瞬ガスが取れて富士山が見えた.

s-コピー ~ dc1018289

↓ご来光を見るために小屋から出てきた人々.
s-dc1018295.jpg

↓小屋のオヤジさんの言うとおり,次第にガスがとれて今日は天候も回復かな.
s-IMG_9781.jpg


(つづく)
関連記事
    23:29 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top
Comment
う~寒そう。
雪仲間達の間では、一時期「自虐系」の活動がはやったけど、
PIKAさんも自虐のケがあるのですか?

寒いと言えば、ズーーっと前に若気の至りで1月の北海道で
寝袋のみの駅寝をしたことがありました。上川駅だったかな。
-15度以下になって相当寒いのに、「せっかくだから」と駅舎の
外に出て転がっていて、熟睡できなかったのが思い出されます。

当然、厳冬期用羽毛シュラフなど持ってるわけはなく、ダクロン
の3シーズン。特価で購入したSAREWAのダウンジャケットだけ
が頼りでした。朝陽が当たり始めてから気持ちよく熟睡しました
が、気づくと通勤通学ラッシュ時間帯。視線が痛かった。

それにしても、一足早く雪を味わうなんてうらやましいような...
  [URL] [Edit]
2009.10.22 Thu 22:47  |  PIKA #-
名前に☆が入ったんですね(笑).
上川というと日本一寒いところかなあと.
若気の至りというか,本当に死んでしまうんでないですか,眠ってしまったら.
それにしても山にいると,お日様の力は絶大だな,と思います.
夜明け前のガスをあっという間に霧消させてしまうし,体温が上がって気持ちよくなりますよね.
そろそろシーズンですが,えむとらさんの初滑りはどちらですかね~?
えむとらさん  [URL] [Edit]







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://pikanda.blog74.fc2.com/tb.php/705-b0038be2
管理人

PIKANDA

Author:PIKANDA

カテゴリ
時々つぶやくかも
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  09  08  07  06  05  04  01  12  10  08  06  05  04  03 
ご訪問ありがとうございます
全記事表示リンク
Calender
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
リンク