FC2ブログ

PIKANDA

2010.1.11 神楽ヶ峰 中尾根 (其の二) 素晴らしい北の谷

s-kagura2.jpg
3連休の最終日.疲れていたら登らずに帰ろうと思っていたけれど,天気予報はきっちり「晴れ」.
黙って帰るわけにもいかないでしょう.

初日と同じ中尾根だけれど,もっと素晴らしい斜面に連れて行ってくれるとのお言葉に甘えることにする.


9:46 1688m 昨日帰ったKawaさんと入れ違いに,Koyさん,Imaさん,Satさんが加わり,6名で登り始める.さすがに今日はシールを忘れたりしない.天候回復をいち早く察知したスキーヤー.ボーダーが沢山登ってきた.
s-dc011176.jpg

↓昨日途中まで登った平標山をバックに神楽を登るT君.3日間ボード背負ってのスノーシューで疲れ知らずとは,やっぱり20代は強いな.
s-dc011189.jpg

10:40 1924m 神楽の上の方が見えてくるけれど,今日はトラバースしてそのまま中尾根のピークへ向かう.
s-dc011194.jpg
↓中尾根の頭に登る人々.
s-dc0111102.jpg

11:00 1984m 以前写真を頂いて感動した景色を自分でも味わう.中尾根のピークから苗場山.
標高差300m程度のハイクでこのシチュエーションだから,神楽が人気だという理由が分かる気がした.
s-dc0111106.jpg

↓「なんとかの頭」.名前,忘れちゃいました.
s-dc0111135.jpg

11:30 1945m そして辿り着いた「北の谷」の入り口.残念ながらすでに先行者のシュプールが付いていたけれど,すぐにでも飛び込んで行きたくなるような白い斜面が広がっていた.
s-dc0111145.jpg
s-dc0111149.jpg

標高差で150m程,思い思いに最高の雪を楽しんだ後は,右へ右へと中尾根を巻いて行く.
最後にちょっと藪の多い急斜面を降りておしまい.


12:04 1394m メインゲレンデ.行動時間はわずかに2時間半.それでいてこの満足度の高さは凄い.
体力ある人ならもう1周できそう?

余韻に浸りながらゲレンデを流して帰路に着いたのでした.
s-dc0111193.jpg
関連記事
    00:32 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://pikanda.blog74.fc2.com/tb.php/781-81b8be98
管理人

PIKANDA

Author:PIKANDA

カテゴリ
時々つぶやくかも
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  11  10  09  08  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  09  08  07  06  05  04  01  12  10  08  06  05  04  03 
ご訪問ありがとうございます
全記事表示リンク
Calender
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
リンク